介護士の結婚

婚活でするパーティー・マッチングサイトといったもの…

結婚活動でやっているパーティーやマッチングサイトなどをきっかけにしてそのうちどのくらいの人が結婚をしているのでしょう。その割合は、全体の2、3割といいます。婚活をしている身としては、もしかすると、少ないな・・・という風に感じたかもしれませんね。しかしながら、殆どの場合、結婚する相手とは、思いのほか、結婚活動でめぐりあう場面以外で知り合うことが断然多いのです。
介護士の結婚

結婚活動のことで悩みを抱えやすいのは、30・40代が多いのです。

結婚活動で悩みを抱えやすいのは、30代、40代が多いのです。少し前は、20代のうちに結婚される人が大半でしたが、多くの女性の社会進出によって、30代を過ぎてから結婚・出産をされる女性が昔に比べると多いのです。とは言え、女性の地位が高くなるほどに、相手の基準も高くなるのが普通です。
介護士の結婚

結婚活動が目的で開催されるイベント・ネットのサイトなどで出会…

結婚活動パーティーやインターネットのサイトなど、活動を通して出会った異性とするデートの回数は、3回を上限にしておきましょう。なぜ3回かというと、1度のデートだけでは、その相手の良さについてはなかなか正直なところ、分かりません。仮に、「なんだか思っていたのと違うなぁ」とはじめに思っても、その次のデートで状況が良い意味で一変することもありますし、またその逆の展開になることもあります。
介護士の結婚

数十年もの長い間、一緒に生活をともにしている仲の良い夫・・

半世紀もの長い間、一緒に生活をともにしている仲の良い夫婦を「おしどり夫婦」といいますが、愛情があれば良い夫婦関係が続く保証はありません。いかにパートナーの嫌な部分を受け止められるかどうかも大切なのです。結婚したのにすぐに別れてしまう夫婦の場合、その原因となるのは、相手を許容できない何かがあるためでしょう、結婚というものは、当然ながら、毎日顔をあわせる関係となるので、いい人ができても考えてみると、すぐに破綻することが多かったと感じるのならば相手の無意識で行うしぐさや、言動にカチンと来ても、何日が過ぎれば、許容できるか否かを試してみましょう。
介護士の結婚

彼氏彼女という恋愛関係から結婚をしていくためには、壁も多いです。

彼氏彼女という恋愛関係から結婚へと進めるためには、あれこれとハードルを超えていく必要があるのです。第一に、あなたと相手との価値観・生活の相違点などを尊重しあえるかどうか、です。相性に関して言うと、趣味やセンスの部分になるかと思います。そして、価値観についていえば、何に重きを置いているか、でしょうか。