転職

転職

どうもパソコンやスマホを使えばネットで見られる世界には…

近頃はPCやスマホを使えばネットの世界では、要するに「転職に関するサイト」に類するものが無数に点在しています。サイトを見て自身にピッタリの転職先と思えるのを探すためにも、まずは情報を収集することをしましょう。このようなサイトをしっかり使うことで、効率的な転職が実現します。
転職

転職したケースでは、高い確率で前の会社の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。

転職後は、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事での美化されるものです。実を言えば今の仕事に満足できないから、それを解決するべくせっかく再就職を決意したはずなのに、いつの間にかどういうわけか「前の仕事のほうが良かったかも」と思えてくるのです。無理はなく、以前の職では日々の業務に慣れていてきちんと与えられた仕事もあっさりとこなせていたからというのが理由にあると思います。
転職

数年前は求人情報には、雇いたい人の「性別」まで当然のように書かれていました。

昔の求人情報に求める人材の「性別」まできちんと明記されていました。しかしながら今現在では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって雇用する際、男女差別がしてはいけないという決まりになり、募集要項の詳細に「性別」を明記できなくなりました。でも、求人情報を出す会社は、性別に拘らず採用するとは限らないのです。
転職

こういう転職ができたという話は友達からの話です。

こういう転職ができたという話は兄の話です。始めに新卒の際にどうしても働きたかった目標であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら採用されず、その先不本意ながら他の会社で働くことになりました。約1年半経過した頃に派遣の求人サイトでたまたまA社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、いてもたってもいられなくなりその時働いていた会社をすぐに退職して、派遣社員としてA社で働き始めました。
転職

転職期間中は、趣味に時間を費やすほか、体力の向上を意識しておく…

転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力の低下を招かないようにしておくと良いです。採用が決まり、いざ仕事を再始動したとき、趣味に興じていたおかげで知らないうちに集中力が高まります。加えて、体力アップが図れていることで、その場の社員さんたちと比較すると疲れない体になっているということを認識することができます。
転職

仕事を探すために人材バンクへ登録に向かいました。

一昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気がどうも大学卒業後まもない社員のようで、こちら側が説明していることの5割ほども彼は理解していないように見えました。それなのに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくべきでしょう」等、一人前のことを横柄に言うのでとてもイラつきました。
転職

再就職における面接などに関してもし名刺を渡された時、…

再就職における面接などに関して担当者が名刺を差し出してきたら、同じように自分も名刺を渡すべきかどうかと悩んだときは、ほとんどの場合は差し出す必要はないと覚えておいてください。転職のための面接とは仕事の一環ではなく、職を得るための採用活動の一部なので、基本的には名刺を交換する時ではないのです。
転職

会社で何かあって精神的な負担が増え、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら・・

働くにあたって精神的に厳しくなって、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら、職場の人と相談する以上に家族などの近しい存在の人と相談し、退職するかどうか判断した方が良いです。どうしてかというと、仕事をするということは自身のためでもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。
転職

転職活動を行うにあたっては、前もって、ネット上で転職関係のサイトを見たりして…

転職する場合は、はじめに、インターネット上で求人サイトを見たりして興味のある会社をチェックするとは思います。ところが、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。
転職

派遣でのお仕事が決まりました。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。仕事開始の初日に派遣会社の営業の担当の人と勤務先の近くのコンビニで合流する約束だったのですが、担当者がどういうわけか約束をした店の前にいないので中にいるのではないかと考え店内に入ってみると、あろうことか雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアページを開いて閲覧しているのを発見!こんな人に担当されるなんて勘弁だと思って、その場で声をかけずこっそりと店の中から出て直ちに派遣会社へ辞退の連絡を入れました。