転職

転職

転職した際には、高い確率で以前の会社の仕事での記憶は大方、美化されます。

仕事を変えると、高確率で前の仕事の記憶は美化されます。そもそも今の仕事が向いていないと感じたから、次の仕事を見つけてやっとのことで転職することになったのに、時間が過ぎるとともに不思議なことに新しい会社よりも「前の職場のほうがよかった」と思うことは多いです。
転職

今までの求人誌には、性別がしっかりと記載されていました。

何年か前までは求人誌では、雇いたい人の「性別」まで明記されていました。けれど今では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女の求人・採用差別をしてはいけないルールが敷かれ、応募資格の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。けれど、募集する企業側には実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。
転職

こうした話は兄の友人から聞いた話です。

こういう転職ができたという話は知人からの話です。新卒としてぜひとも入りたかった憧れていたA社で行われた最終面接で内定が得られず、そのため不本意ながら他の会社に就労しました。そのあと数年後派遣の求人サイトを閲覧する中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、いてもたってもいられずその時働いていた会社をすぐさま辞めて、A社での派遣就業を開始、勇気がありますね。
転職

転職期間中には、自分の好きなことに没頭したり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れる・・

転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力づくりを意識しておくと良いです。転職先が決まり、仕事を始めた際に、趣味に打ち込んでいたおかげでいつの間にか集中する力が高まります。さらに体力アップしていることで他の社員さん以上に疲れにくいということを自ずと認識することができます。
転職

一昨日転職の準備をしようと人材紹介会社へと登録に出向きました。

先日転職のために人材紹介会社へ登録に行きました。登録するときのカウンセリングに現れた担当者が見たところ経験不足の社員のようで、私が説明した話の5割ほども彼はわかってはいない模様だったのです。そのうえ「キャリアデザインがまだまだですね」とか「自分の強みをはっきりと知る必要性があります」とか、私のことをすべて理解しているかのように横柄に言うのでとても不快でした。
転職

再就職の面接などの場面で担当者に名刺を渡された時、あなたも名刺を相手…

転職における面接などに関して名刺を手渡してきたら、あなたも相手の方に名刺を渡すべきであるのか?と対応の仕方に悩んだ際は、ほとんどは差し出す必要のないもの、と理解しておいてください。面接においては仕事の一部ではなく、就職活動内のことになるのです。ですから一般的に考えて名刺をやりとりする時間ではないのです。
転職

仕事のなかで精神的に苦痛を感じてしまい、転職せざる負えなくなってしまった時には・・

会社が原因で回復が難しいほど心的に自分が苦しくなって職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、会社と相談ではなく自身の家族と話して、退職するかどうかの判断をした方が良いです。仕事をするのは当事者であるあなた自身ですが、同時に、家族の問題ともいえるのです。
転職

転職活動を行うにあたっては、前もって、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりし・・

転職を行うにあたっては、まず第一にハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりして気になる会社を調べるはずです。ですが、その会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。
転職

派遣の仕事が決定しました。就業の初日に営業の担当の…

派遣会社でのお仕事が決定しました。勤務の初日に派遣会社の営業担当の人と派遣先に近いコンビニで落ち合うと約束をしていたのですが、彼がどういうわけか約束のお店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思い店内に入ってみたら、彼は雑誌コーナーで座り込んで成人向けのグラビアページを開けて読んでいるではないですか。
転職

ここ数年の企業の労働背景が激しく変わってきたことについて、社会人の…

このように特に昨今の雇用形態の慌ただしい変移をに際して、働きざかりの世代の中で若年層が特に注意してみているようです。おそらく、キャリアアップと転職を同時に考えているのでしょう。そんなわけで、労働者やサラリーマンの労働力の「流動化」が顕著になっているため、さらにこの先、世代に関わらず転職の関心が強くなると予想されます。