転職

転職

新卒後最初に働いた会社で嫌な感じの上司の存在に嫌な目に合わされ、…

昔働いていた会社でのことですが性格が合わない上司に神経を使い、ついにやっていくのは難しいと判断してその会社を退職し、同業者の別の企業に転職をしました。転職先の会社では居心地よく仕事ができてきわめて満足のいく毎日でしたが、時が経つにつれて会社の売上が落ち込み、とうとうある会社に経営統合されることとなったのです。
転職

失業時にもらえる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが…

失業した人がもらえる失業保険は、失業している間もらえるが、給付期間が決まっています。離職時までに勤務していた期間に応じて変わり、90日とか120日とかが決まるのですが、驚くことにこのような事実を理解していない人が少なくありません。期間の制限ががないと思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り急に職探しをしても好条件のところを見つけるのは難しいです。
転職

とみにスマホを使えばわかるけどインターネット上で・・

どうもスマホを使えばわかるけどインターネットの世界では、要するに「転職に関するサイト」に類するものがそこらじゅうにあったりします。その数限りないサイトから自身にピッタリの転職先というのを見付けるためには、何よりも情報が大事ですから収集が必要です。こんな転職サイトをきっちり利用することでよりスムーズな転職を叶えられます。
転職

転職するとだいたいの場合は前の会社の仕事のたいていの記憶は美化されます。

仕事を変えると、高い確率で前の仕事でのは美化されるはずです。実際のところ今の会社に問題点があるから、そういった思いを解決するべくせっかく転職したはずなのに、いつしか不思議と「前の仕事のほうが良いのでは?」と感じ始めるのです。というのも自然なことで、以前の職場では仕事の手順に慣れていて、難なく日々の業務が淡々とできていたからというのが大きい理由ですが、とはいえ「転職しなけりゃよかった」と悔やむほど、前職の方が報酬も環境がいい事も考えられます。
転職

かつては求人誌では、募集要項の中に「性別」について・・

かつては求人情報では、求める人材の「性別」まで当然のように記載されていました。しかしながら、「男女雇用機会均等法」の影響によって、雇用時、男女差別がしてはいけない事が決まり、応募条件の詳細に「性別」が記載されなくなりました。とはいえ、求人情報を出す側は、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。
転職

こういう転職ができたという話は従兄の友達の話です。

従妹の旦那から聞いた話です。新卒の際に絶対に入社したかった憧れのA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、それから後不本意ながら別の会社に入りました。そのあと約1年半経った頃に派遣の求人のサイトの中で偶然A社の紹介予定派遣の求人を見つけて、どうにかしたくなって当時働いていた会社をすぐに退職して、A社で派遣の就業を開始、真剣に頑張ってそれから後なんとかA社で正社員になれて、現在ではやりがいを感じながら元気に勤務しています。
転職

転職先を探している間は、趣味に時間を費やしたり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると…

転職先を探している間は、自分の趣味に時間を使ったり、体力の低下を招かないようにしておくとベストです。転職先が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に興じていたおかげで知らないうちに集中する力が上がります。加えて、体力アップしているために、他の社員たちと比べると疲れない身体になっている、と認識することができます。
転職

先日仕事を探すために人材会社へと登録に向かいました。

昨日転職先を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。そのとき登録するときのカウンセリングを行いに現れた担当者が見た感じ経験不足の社員のようで、私が説明している話の5割も理解していないように思えました。それに加えて「キャリアデザインがよくないですね」とか「自分の強みは何なのか考えることが大事でしょう」とか、私のことをすべて理解しているかのように横柄に話すので大変不快な気分になりました。
転職

再就職での面接などの時に名刺を差し出してきたら、あなたも名刺を相手に…

転職の時の面接などの際に担当者が名刺を手渡してきた場合、こちらとしても名刺を相手側に差し出す方が良いのかどうかと迷ったときは、ほとんどの場合は差し出す必要はないと考えておいてください。転職のための面接とは仕事の内ではなくて、職を得るための就職活動内のことです。ですから大方は名刺を交換する時ではありません。
転職

職場環境が原因で心的にかなり厳しくなり、職場を変えなくては、という気持ちになったなら…

仕事をするにあたり、回復が難しいほど精神的に厳しくなって、転職せざる負えなくなってしまった時には、そのときは、会社(の関係者)に相談するよりも身内などの近しい存在の人と話して、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。というのは、働くということは自身のためでもあります。が、しかし身内の問題でもあります。