転職

職を変えると、高い確率でそれまでの仕事での多くの記憶は美化されます。

転職すると、大体の場合、前職での美化されるものです。実際には現在の職に不満を覚えるから、そういった思いをどうにかするために、やっとのことで新たな職に就いたのに、時間の経過とともに不思議と「前の職場のほうが良いのでは?」と感じ始めるのです。というのは至って普通で、前の職では日々の業務をこなすことに慣れていて事もなくやるべき仕事がこなせていたのが、一番のというのもあります。
転職

昔の求人情報に「性別」が書かれているのが一般的でした。

昔の求人情報に募集要項の中に「性別」が、しっかりと記載されていました。しかし最近では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって男女差別が雇用の際にないようにしないといけないルールができて、求人情報の詳細に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。
転職

こういう転職というのは従兄からの話です。

このような話は従兄の友達の話です。就職活動を始めて新卒でどうしても入社したかった目標のA社の最終の面接で不採用になって、それから後不本意ながら違う会社に就職しました。その後3年経過したぐらいに派遣の求人サイトの中で偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を発見して、我慢することができずその時働いていた会社をすぐさま退職し、A社で派遣の勤務を開始、やったな、と思った行動です。
転職

転職期間では、趣味に時間を費やすことに加え、体力づくりを意識しておくと…

転職先を探している期間中は、趣味に没頭する他、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いと思います。採用が決まり、復帰した際に、趣味に打ち込んでいたことで、気付かないうちに集中する力がアップします。加えて、体力を補っている事で、その場の社員さん以上にスタミナがあるということを認識します。
転職

先日新しい仕事を見つけるために人材会社に登録に行きました。

昨日転職先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。登録カウンセリングを行うために現れた担当の人が見たところ新入社員のようで、私が説明した話の50%ほども理解していないように思えました。そのくせ「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくべきでしょう」とか、ベテランのように偉そうに言うので非常に不快でした。
転職

再就職の面接などにおいてもし担当者に名刺を渡された場合…

転職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を差し出された場合、あなたも相手の方に名刺を渡した方が良いのかどうかと迷ったときは、ほとんどの場合は差し出すことはないと考えておきましょう。転職のための面接というのは仕事内ではなくて、職を得るための採用活動の一部なので、ほとんどは名刺をやりとりする時間ではないのです。