転職活動を行うとき、あらかじめ、ネット上で転職関係のサイトを見たり…

転職するのなら、まず第一にハローワークの求人票を閲覧したりし…

転職活動では、最初に、公式サイト、求人票、パンフレットといったもので転職したい会社を調査するはずです。ところが、その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような「社長インタビュー」などに関しては、すべてを事実だと考えるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。仮に額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「聞いていた話と違うじゃないか」と後悔することになりかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、いろんなイチャモンをつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。このようなブラック企業には注意しましょう。

昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、ま…

現在は、株や不動産投資等の不労所得で生計を立てたり、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。そのような社会的変化もあるせいか、「会社員の道こそが正義」といった今までの考えも変わってきています。高度経済成長時代の際には、不安の残る株式投資や、自営業で生きるよりも雇用されて働いているほうが大いに安定性があり、人生のもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されていた。そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、現在は、「成熟期」という風にも付けられています。今後は、機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職エージェントと転職サイトを用いて、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。そうとはいえ、転職活動の成果をもっと高めたいなら、それに並行して転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。参加されれば気になる企業の情報に直接触れることができますし、それに加え、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業特有の個性を感じられるでしょう。今後、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、1次面接を受けるつもりで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。その結果としてフェアでの交流の中で企業側の担当者に気に入られれば、その後応募して面接に進む際に非常に有利になると予想されます。

退職と転職を度々しないためには、少しコツがいります。

転社を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットもあるので、精神面を強くするための自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。また、転職とは関係のない行動をすることも精神面を強化することができます。それは、海外に行くことです。外国は、言葉も文化も違うので、どんな瞬間も勉強になります。なので、帰国後変化があるのです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え面接に向かえば、今までとは格段に違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。しかし、退職してすぐは、精神的に弱っていることが多いので、気力回復のために休業期間も必要です。

クールビズをして再就職の面接会場に行こうとする場・・

クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接に臨む際には、ジャケットにおいてはやはり着用しなくても良いと間違いなくわかるのです。ですが、ネクタイはしておいた方が好印象を与えてくれます。ネクタイもジャケット同様になしで良いと考えている会社もあることもなくはないですが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズだろうと必ずしなければならないと考えている企業がまあまあ存在するわけです。という事で、例えクールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイだけは着用いく方が良いということを認識しておいてください。