転職の面接を受けるためとある会社に行ったときのことです。

転職の採用面接を受けに転職したい会社へ出向いたときのことです。

転職のための採用面接を受けにある会社に訪ねました。たまたま会社にある会議室が空きがないということで外の会場で採用担当の人と待ち合わせて採用面接を行い、当該会場で解散をして、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、ビックリしたのは自宅の最寄駅が同じだったのです。結局は電車内でも面接を行った人と一緒におしゃべりをしながら帰ることとなって、緊張がなくなって面接よりお話が弾んで、それが功を奏したからなのかなんとか採用を掴み取ることができました。

今ある自分のスキルを有効活用しながら、再就職する際は・・

自身のスキルをふまえて再就職を考える際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと比較的、再就職が難しい業種がある事を理解しておいてください。転職しやすい業界は、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」の分野がおなじみですね。医療や介護の業種では看護師や介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今、医療や介護の現場で勤務している人が、様々な事情により、異業種へ再就職してみたいと思う場合は、注意が必要です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性がそれほどありません。そのため、簡単に考えないことが重要です。異業種への転職される場合は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。

今がんばっている転職する活動中に、「自分は今まで、こういう価値のあ…

転職活動時、「私は振り返るとこのような仕事をしてきました」「仕事の中でこういった経験を得られました」とそれまでの成功体験やセールスポイントを十分にアピールしなくちゃと考える人はしばしば見かけます。しかし、転職先となる1から始める環境下で「可能ならこのようなことをしてみたい」「私が申したような内容なら貢献できるに違いない」と将来的なビジョンで自分をアピールしていったほうがはるかに効果的だったりします。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職する場合は、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思います…

転職活動を行うとき、様々な手段で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐によってそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、違った視点から見ると、ウソの書き込みなら、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。でも、実態は『クロ』で「真実が書かれているので、はやく火消しをしよう」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ入社後に厄介事が降りかかる可能性が高くなる、と考えるべきでしょう。というか、善良な会社にはトラブルは起こりません。

転職時の採用面接では、規模の小さい企業だったら大抵は「人事」が面接担当になります・・

転職の際に必ず受けることになる面接では、小企業クラスの場合大体、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、場合によっては、別の人が担当することになります。例を挙げるとしたら、これから仕事をすることになる担当者、一言でいえば課長や部長クラスが面接する可能性も考えられます。とりわけ、営業や事務といった部署に転職する場合は、資格などで人の良し悪しを判断しづらいですから、自発的に自分を売り込んでいくことがとても必要であります。面接担当者から「この人は、堂々と自己発言してるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。