転職の面接を受けにある会社に伺ったときのことです。

転職時の採用面接に転職したい会社へ伺ったときのことです。

転職のための面接を受けにとある会社に訪ねました。会社にある会議室が空いていないというわけで会社外で会社の人と待ち合わせて面接が行われて、その場所で解散し、面接担当者も会社には帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、偶然にも自宅からの最寄駅が一緒。それで電車内においても一緒に会話をしながらいっしょに帰ることになり、結果としてお互いリラックスして面接しているよりもお話が弾み、それが良かったのかなんとか採用を手に入れることができました。

今あるスキルや資格をふまえて再就職をしようと考えているのなら…

自分のスキルが有利にはたらくように再就職をしようと考えているのなら、比較的、転職がしやすいジャンルと転職が難しい業界がある事を知っておいてください。すんなりと転職がかなう職種としては、たえず人材不足がいわれている医療や介護系の仕事がその最たる例です。医療や介護の業種では看護師、介護士の「資格」が必須であるため、ハードルの高いジャンルといえます。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、様々な理由により、異業種に再就職しようと思う場合は、よく考えてみてからのほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性は少なくなります。というわけで、安易に考えないことが大切です。再就職を希望するなら、他の業界では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

いい転職をしようと転職活動で「これまでこういった種類の…

励んでいる転職活動中に、「これまでこのような職場の仕事をしました」「仕事の中でこういったスキルを手に入れました」と自分の実績をがっしりアピールしなくちゃと考える人は多くいます。でも、志願し再スタートを狙う企業で「将来、こういったことをしたい」「このような内容ならできれば貢献したい」と将来のプランでアピールを狙ったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職する場合は、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思いますが…

転職時は、様々な方法で情報を得ることが多いと思いますが、転職についての「口コミサイト」は、とても利用価値があります。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の復讐でその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、書き込みの内容が嘘であれば、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。または、実際は『クロ』で「このままではマズイと考え、なんとか火消ししたい」と思っているかもしれません。口コミサイトも囃し立てることで注目されるので黙認しますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分入社してからトラブルに遭遇する確率が高い、と見て良いでしょう。何より、本当に善良な会社であればトラブルなんて発生しません。

再就職の際の面接では、中小企業だったら大体は「人事」が面接担当になります・・

転職時の採用面接では、中小企業であれば概ね「人事」が面接官となりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。たとえば、ともに仕事をしていく管理職、簡単に言えば課長や部長などが面接を担当する可能性もあります。とりわけ営業系や事務系に転職する場合は資格のみでは判断がしづらいですから、自信を持ち自身を売り込んでいくことがとても大事です。面接官の誰からも「この人は、きちんと自己主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。