転職の面接に転職希望の会社へ行ったときのことです。

転職のための面接を受けにとある会社に出向いたときのことです。

  • 転職のための面接を受けにある会社に行きました。偶然会社で部屋が空いていないというわけで外部の場所で採用担当者と待ち合わせて面接をし、その場で解散をして、面接官も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、驚くことに下車する駅が私と同じだったのです。それで電車の中においても一緒に会話をしながら帰ることとなって、おかけですっかりリラックスして面接しているよりもお話が弾み、それが良かったのかなんと採用を勝ち取りました。

  • 今あるスキルや資格を活用しながら再就職する際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種…

  • 今の自分のスキルや資格を有効活用しつつ、再就職する場合、比較的、再就職しやすい業種とそうでないものを理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職がカンタンといわれる業種は、働き手がいないと問題となっている「医療・介護」が、最たる例です。医療・介護は、看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルの高いジャンルといえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて仕事に対しての不満によって、異業種に転職したいと思っているなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。というわけで、安易に考えない事が必要です。異業種への転職を希望するなら、他の業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。

  • 転職活動で「今まで、こういう職場の仕事に尽力してきました・・

  • 励んでいる転職する活動で「私はかつて、こういった職場の仕事を長く続けました」「これまでにこのようなスキルに磨きを掛けました」と自分自身の経歴をよく伝わるようにアピールしようと考える人は少なくありません。ただし、転職先となるその企業で「可能ならこういったことをしたい」「私が経験したような業務内容なら貢献できると思う」と未来形として自己をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

  • 転職活動を開始するにあたって、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思いますが・・

  • 転職するときは、いろんな経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社した元社員の報復としてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、異なる視点から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。しかしながら、現実は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、急いで火消しをしよう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、その分トラブルが発生するリスクが高くなると考えるべきでしょう。何より、本当にいい会社であればトラブルは起こりません。

  • 再就職のときに行われる面接というのは、規模の小さい企業クラスの場合…

  • 再就職の際の面接は、零細企業であればおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、どこでもそうとは限りません。直接、今後仕事を一緒にしていく作業部署の責任者、要は部長や課長などの管理職が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。また営業や事務に転職する場合は資格だけでは人の評価が難しいので自信を持ち自身を売り込んでいくことが重要になります。面接担当の人たちに「この男は、きちんと自己アピールできるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。