転職の時の面接などの際に担当者に名刺を渡された場合…

転職の面接などにおいて担当者に名刺を渡された場合、こちらも名刺を相手…

  • 転職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を渡された場合、あなたも同様に名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と対応の仕方に悩んだら、たいていの場合は差し出す必要のないもの、と知っておいてください。面接というのは仕事内のことではなくて、職を得るための就職活動の一環です。ですから一般的に名刺を交換する場ではないのです。また、あなたは立場上会社の者としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。そのため、もしも相手から名刺を渡さても、こちらとしては名刺を受け取るだけでよくて、相手の方にあげる責任は必ずしもないと考えられます。
  • 派遣の会社に登録をしています。

  • 今、私は派遣で働いています。ウェブサイト内でふと気になる仕事を見つけ出して応募したい旨を伝えたところ「その仕事はすでに他の人が採用されました」と断られて瞬間的にサイトの中から仕事の情報がなくなるのですが、どういうわけか次の日には消えたはずの情報が掲載されています。これは結局私だとよくないのだという意味ですよね。それであるならば初めからカドが立たない程ではっきりと教えてくれればありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それとも客寄せのための存在しない仕事を載せているのでしょうか?
  • 求人関連の情報では、大部分の場合はたいていの会社で・・

  • 求人についての情報を見てみると、まともな職場では月にもらえるお金が記載されているはずです。だけれどもこの月収の部分を確認する時には、深く確認する事が大切です。額の多い少ないだけを見て判断しないほうが無難です。そのわけはひょっとすると、月収の額のなかに「毎月10時間の残業」が条件になっているかもしれません。要するに残業代を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集している場合もあります。また「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性が考えられたりします。そういうわけで、こういった可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社ははじめから相手にしないほうが無難です。
  • 転職活動を行う上での最後の難問として、現在の仕事を辞めることがあります。

  • 転職活動を行う際の最後に残る難関として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。転職先の企業が採用の内定を出したとしても、現在勤務している会社が、あなたを離したくないと引き留めるというのも起こりがちなケースです。そういったケースでは、どうあっても退職する、という強固な意志を貫くことが大切といえます。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を作成しておきましょう。それから、決定権のある上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、正直に伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも就職活動において必要でしょう。
  • 今から転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある・・

  • これから転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。今働いている企業側がもし「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、状況によっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第では即、受け取ることが出来たりもします。ちなみに、受け取れる「失業手当」の金額は、最後の月の近々の給料を基準にして計算するので「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。