転職の採用面接を受けにある会社に伺いました。

転職の採用面接を受けに訪ねました。

転職のための採用面接にとある会社に伺いました。たまたま社内の会議室がすべて他の客でつまっているということで外部のある場所で人事部の人と待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散、面接官もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも下りる駅が私と一緒だったのです。それで電車の中においても一緒に会話をしながら帰ることになり、お互いリラックスして面接より話が弾んで、それがプラスになったのか何事もないまま採用を勝ち取りました。

今の自分のスキルや資格を武器に再就職する場合は、比較的、再就職しやすい業…

今あるスキルを活用しながら再就職する際は、比較的、転職がしやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を知っておくことは大切です。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、慢性的な人手不足に陥ってる医療・介護業界がその最たる例です。医療や介護では、看護師、介護士は「資格」が必須で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて何かしらの理由によって異業種に再就職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、人材の流動性がそれほどありません。ですから、容易に考えない事が必要です。異業種への転職をされるのであれば、「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておきましょう。

がんばっている転職する活動で「私はかつて、こういう職…

励んでいる転職する活動中に、「自分は経験としてこのような仕事に尽力してきました」「仕事の中でこういった経験を得られました」と過去の自分自身の成功体験やセールスポイントをがっしりアピールしなくちゃと考える人はよく目にします。が、転職先の再スタートを図る会社で「将来、こういうような仕事をしたい」「私が触れたような内容の仕事ならできれば貢献したい」と将来的なビジョンを話して自身をアピールを狙ったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

転職活動をするにあたっては、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思いますが…

転職する際は、いろんな方法で情報を得ることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは非常に役に立ちます。少し前に、悪い口コミをサイトに載せられたと言って損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、辞めさせられた社員の報復によってその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、違った視点から見ると、投稿の内容が嘘であれば、会社としては気にする必要はないはずです。しかしながら、実態は『クロ』で「このままではいけないと考え、火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、その分入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると思っていいでしょう。というか、いい会社だったら煙も立ちません。

転職希望者が受ける面接では、小企業だったらその社内の「人事」担当者が面接官になります・・

転職のときに行われる面接というのは、零細企業クラスの場合その社内の「人事」担当が面接官ですが、それ以外の場合もあります。実際に一緒に仕事をする担当者、平たく言えば課長や部長クラスが面接をすることもあります。とりわけ営業職や事務職といったカテゴリでは、資格などという人の良し悪しを判断しづらいですから、積極的に自分という人物をアピールする事で良い印象を与えることができます。面接官の誰からも「この人はしっかり主張するし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。