転職のための面接を受けにとある会社に赴いたときのことで…

転職における面接に転職したい会社へ赴いたときのことで・・

転職の採用面接にある会社に出向いたときのことです。その日に限ってその会社で会議室が空きがないとのことで社外の会場で面接をする方と待ち合わせをして面接が行われ、当該会場で解散をして、面接をした方もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、奇遇にも下りる駅が私と同じだったのです。結局は電車内においても面接官とずっと話しながら帰宅することになり、すっかりリラックスして面接しているよりもお話が弾んで、それがプラスになったのか何事もないまま採用を勝ち取りました。

今ある自分のスキルを活かしつつ、転職をしていく場・・

今あるスキルを有効活用しながら、再就職を考える場合に、比較的、転職しやすい業界と難しいものとを理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、たえず人手不足になっている医療や介護系の仕事がとても有名ですね。医療・介護の職種では看護師、介護士資格が必要であるため、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。今、看護師や介護士として活躍している人が、仕事のきつさから、他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、注意が必要です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。ですから、容易に考えないことが重要です。異業種への転職をされるのであれば、「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけましょう。

転職活動時、「私は今までずっとこういう内容の仕事に従事しました」…

今励んでいる転職活動の際、「かつて、こういう価値のあるの仕事をがんばりました」「今までに手にした技術は、、、です」と過去の成功体験などをしっかりアピールしようと考える人は少なくありません。ですが、転職希望するその会社で「近いうちにこのようなことをしてみたい」「斯くの如きことであればできれば貢献できると思う」と未来の姿を通して売り込むほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職活動を行うとき、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、…

転職活動を開始する際、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは絶対に利用すべきです。過去に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐によってその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、解釈を変えると、ウソの書き込みであれば書かれた会社側が気にする必要もないはずです。とはいっても、本当のことが書いてあるので会社側としては、「周囲に気づかれたら恥になるから、火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない口コミが多いというのは、その分トラブルに遭遇するリスクが高くなると考えるべきでしょう。というか、善良な会社だったら煙は立ちません。

再就職の際に必ず受けることになる面接では、小企業クラスの…

再就職時の採用面接では、小規模業者だったら大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては違うこともあります。直接、ともに仕事をしていく現場の担当者、平たく言えば部長・課長などの中間管理職が当たることになるでしょう。また事務系・営業系といった部署に転職する場合は、資格などで人の評価が難しいですから、やはり自分という人物をアピールする事で良い印象を与えることができます。面接担当の人たちに「この男は、きちんと自己アピールできるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。