転職するとだいたいの場合は前の会社の仕事のたいていの記憶は美化されます。

職を変えると、大体の場合、それまでの会社の仕事は美化されるものです。

  • 転職した場合には、高確率で前職のほとんどの出来事は美化されます。実際には現在の会社に納得できない点があるから、それを払拭するためにどうにか退職を決め、再就職すことになったのに、気がつくと、なぜか新しい会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と感じます。というのは極めて当たり前のことで、前職では仕事に慣れ切っていて苦労なく与えられた仕事があっさりとできていたからというのが一番の大きい理由ですが、けれども「転職しなけりゃよかった」というほど、前の会社のほうが待遇や全体的な雰囲気が良いケースも考えられます。
  • 再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないの…

  • 転職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間に余裕があるため、ダラダラとした生活になりやすいですよね。ですが、そうした生活はキケンです。というのも、だらだらと過ごす生活が普通になると「メンタル面」にも悪影響があるからです。やがて、働く気力がなくなり、お金に困る状況にも・・・。そんな状況になってしまうと、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、転職先が見つからなくなります。再就職先を決められないのは、お金を最優先に考えてしまうからです。お金を最優先に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラけた姿勢は、意識して避けるようにしてください。
  • もしも転職前、今働いている会社の同僚たちがあなたの退職を知・・

  • もしも転職前、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知ると職場の空気が大きく変わるおそれがあります。働く環境次第では、これまで通りに行くこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。また、残業時間を増やされるキケンもあるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。なので、上記のトラブルを避けるためにも、現在の仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうしておけば、良い関係をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を去ることができます。しかも、円満退職になれば、転職後も、相談にのってもらえるチャンスも手に入るはずです。規模や業界に関係なく、どのような企業も人とのつながりは大事なので、会社を辞める時のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。
  • ”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

  • 日本には昔から「石の上にも三年」という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は衰退してきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。とはいうものの、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に再就職するつもりなら、まずは良い時期を図る必要があります。必ずや現在の職場・や仕事内容について、なにが嫌なのか、10個前後、箇条書きにしてみましょう。この作業が、転職活動がスムーズになるはずです。そして、おおまかな進路が見いだせたら、先るだけ迅速に、より良い仕事ができるようにトライしていることも大切です。
  • 再就職する場合、それなりの準備はしなければなりません。

  • 転職活動にあたって準備は欠かせません。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に映る「服装」は、重要だと感じてしまいます。ですが、ここ最近の、企業面接については私服を許可している企業もあるので、しっかりビジネススーツを着て面接に行く必要がない場合もあります。とくに創業したての新規の企業などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で面接を受けたほうが、印象が良くなります。加えて、ざっくばらんに話が出来るのも魅力です。そして私服だと、面接中に、ファッションで、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということから、今後、転職は会社の「創立した年」を確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。