職を変えると、高い確率でそれまでの仕事での多くの記憶は美化されます。

転職した際には、だいたいの場合は前の仕事での美化されるものです。

  • 転職すると高い確率で以前の仕事のほとんどの記憶は美化されます。本当は現在の会社に合意できない点があるから、それを解決するためにやっと新たな職に就いたのに、過去を振り返ると不思議と新しい会社よりも「前の職場のほうが良いのでは?」と思う機会が増えてきます。それというのは当然のことで、以前の職場では業務に慣れていて、今よりも楽に与えられた仕事もあっさりとできていたからというのが一番のというのもあります。とはいえ「辞めるべきではなかった」と真剣に感じるほど、前職の方が職場環境や職場の雰囲気が良い事も考えられます。
  • 転職するための期間中は、どうしても、時間がある分、気が緩んでしまい…

  • 転職先を探している間は、どうしても、時間があるため、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。しかしながら、そのような生活をしないことがお勧めです。不思議なもので、だらだらと過ごす生活を続けると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響があるからです。徐々に、働く気力がなくなり、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。そうすると、悪いサイクルができてしまい、再就職先を見付けることが難しくなってしまいます。将来の決断ができないのは、お金を一番に考えてしまうからです。お金を最優先事項に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をするためにも、ダラけるような生活はしないように気を引き締めましょう。
  • もしも転職することが、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知る・・

  • 転職することを、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、雰囲気が一変することがあります。働く環境によって問題はないこともありますが、意地悪されるおそれもあります。時には、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。そのようなトラブルを回避するため、いまの職場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い状態をギリギリまで残したまま、仕事を辞められます。そして、円満退職になれば、転職後、相談ができるような良好な関係性を持っておくことができます。どこの会社も、人との縁は重要なので、仕事を辞める時のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。
  • ”石の上にも3年”というコトワザがありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとと・・

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは決して珍しいものでなくなっています。が、当たり前に転職が可能だと思い込み軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。実際に再就職しようと考える場合、時期というのも有るでしょう。とりあえず、現在の職場・や仕事内容について、納得できていないと感じることを約10項目探しておきましょう。この作業が、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、尻込みせず、今より良い仕事ができるように頑張っていきましょう。
  • 転職活動する場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。

  • 転職する場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。特に身だしなみ、に含まれる服装は重視してしまう部分だと思います。けれど、ここ最近の、採用面接については形式ばらない服装が良い会社もあるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に赴く必要はありません。とくに会社の創立してすぐの会社などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で行ったほうが、相手からの印象が良くなります。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。そうして、私服だと面接の際に、洋服について、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、うまくいけば担当者に気に入らえるチャンスを作れます。転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。