看護師という職の人の違う職業に転職を決断する理由は・・

違う職に転職を決断するキッカケは、人それぞれではないでしょうか。

  • 看護師という職業の人の違う職に転職の原因は人それぞれではないでしょうか。どういう理由が多いかというと転職するには「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけでライフスタイルの変化によって出産加えて家族の介護など、種々の環境の変化など、今までのような仕事が難しくなってしまった」「今の収入面で不満がある」というような問題が解消したいために転職されるのかもしれません。しかし、それでも「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、今一度じっくりとそして客観的に見つめ直すことも重要です。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、もう一度考えたうえで決断しておくと間違いありません。
  • もしも転職される場合は、転職前に資格を取るとステップアップします。

  • もしもあなたが転職を考えているなら、先に資格を取得することで選択肢が増えます。とくに、仕事を続けているうちに、資格取得しておくと、転職の際には有効活用することができますから、新しい仕事も探しやすくなります。ですので、資格取得するなら、在職期間中にベストなタイミングです。もしあなたが将来を考え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、仕事を辞めた後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。そればかりでなく、資格取得後は転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、今までの職場より待遇アップも期待できます。
  • 『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

  • 『転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。ただし、ここでは曖昧な表現をすると上司に言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職したいことをはじめに直属の上司に話した時は年度末、いろいろあって退職が受理されたのが同年の11月です。希望では年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、思ったとおりにはいきませんでした。企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常になんだか失望しました。
  • 就職活動において、年収はとても大切な要素です。

  • 就職活動において、だれもが気にするのが年収です。面接の際、現職の年収、そして今後の希望年収額について質問を受けることになるでしょう。ここで年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、今の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性はほぼあり得ません。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが正しいです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう
  • かつてはかなり複数の人材紹介会社に登録していました。

  • 私が転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーのレベルに関しても色々あってたいていの場合、いまいちな人ばっかり。こちら側は人生かかっているのにもっと熱心に向き合ってほしいという想いがいっぱいになりました。それがきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得は経済的な負担にもなりました。それに加えて資格取得のための勉強の面もかなりヘビーでしたが、求職中の人から頼られる人間になるために努力しています。