看護師という仕事の人の転職の理由は人それぞれです。

看護師という仕事の人のほかの職に転職する原因はその人によりけりです。

看護師の他の職に転職の理由はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。考えてみると看護師を辞めての転職には「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してから家庭環境の変化によって出産と子育て加えて家族の介護など、身近な家庭環境の変化によって今までと同じような仕事が難しい」「収入に大きな不満を感じている」など、さまざまな理由があり決して他人ごとではないはずです。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、ゆっくりリラックスしながら現在の状況を客観的に見つめ直すこともやっておきましょう。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考してから決断すれば間違いが減らせます。

もし将来、転職をするつもりなら、転職前に資格を取得しておくことをお勧めします。

もしあなたが転職するのなら、資格を取得することで選択肢が増えます。また、仕事をしているあいだに資格取得をしておくのがお勧めです。転職時でそれを生かせることができるので、次の仕事も見つけやすくなります。なので、在職中の時間が一番最適といえます。もしもあなたが未来を見据えて、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の会社を辞めたあとも前向きな姿勢で転職に挑むことができます。そのうえ、資格取得後は転職先の面接の場では即戦力として扱われ以前の職場より待遇も良くなる可能性があります。

『なるべく早く転職したい!』と考えていて、自身の意志が強いのであれば・・

『なるべく早く転職したい!』と思っていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、必ず言いくるめられます。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職することをはじめに直属の上司に話した時は年度末、実際ではなぜか退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを希望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたので心底愛想が尽きました。

就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。面接において、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収を多く偽って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、もし一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソはバレてしまうからです。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収を正直に申告し、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、今の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性は極めて小さいです。もし、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなることもあるので、注意しましょう

私は以前割と多くの人材紹介会社に登録していたのですが、…

仕事を探していた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルにおいても驚くほど様々でほぼ物足りなく感じる人ばかりでした。私にとっては人生の大事な事なのにもっと真摯に向かい合ってほしいという気持ちがいっぱいになり、それがきっかけで自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。資格取得はお金もいりましたし資格取得のための勉強もかなりハードなわけですが、仕事を探している人から担当者があなたで良かったと言ってもらえる人になるべく努力しています。