看護師という仕事の人の他の職に転職に至る理由は、その人によりけりです。

看護師でありながら他の職業に転職する原因は人それぞれではないでしょうか。

  • 看護師のそれと違う職業に転職を決断する原因は、その人それぞれではないでしょうか。考えてみると看護師を辞めての転職には「職場に関わりたくない人がいる」「結婚してから配偶者のこともあって出産・子育て加えて親の介護など、いろいろな身近な家庭環境の変化によって今までと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「今の稼ぎに不満がある」というような悩みが考えられます。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決断する前に、どうして転職をしたいとと、頭を冷やしてゆっくりと現状を客観視することも忘れずにやっておきましょう。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してから決断すれば間違いが減らせます。
  • もしも将来、転職したいと考えているなら、転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。

  • 転職を視野に入れているなら、先に資格を取得しておくことをお勧めします。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格を取得しておけば、転職活動にあたって幅が広がるので、仕事を探しやすくなります。ですので、在任中の時間がもっともおすすめのタイミングです。未来を見据えて、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の職を辞めた後も悔やむことなく前に進めるはずです。おまけに、資格を取得できれば転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接時に担当者に「即戦力」と見なされ、待遇も良くなる可能性があります。
  • 『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が強いのであれば、…

  • 『転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。このときに相談という形を取ると、場合によって必ず言いくるめられます。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、話がこじれて結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたい旨をはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、実際では退職届けを出せたのは同年の11月です。本音を言うと、年度末いっぱいで辞めたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに前の会社に対しての呆れてしまいました。
  • 就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。

  • 転職活動では、「年収」が話題に上がります。面接時には、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうためです。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はまず無理です。仮に、現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職しなければならないという事態になるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。
  • 勤め口を探していたころかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだ…

  • 勤め口を探していたころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質も驚くほど様々あってたいていの場合、満足のいく対応をしてくれない担当者ばかり。私にとってはとても重要なことなのにもっと熱心に向き合ってほしいという考えが募ってしまいました。それがきっかけとなって自らキャリアカウンセラーを目指すことになりました。その資格取得のためにはコストもいりましたし勉強面もとてもきつかったのですが、仕事を探している人から頼ってもらえる人間になるために頑張っています。