看護師でありながらそれ以外の仕事に「転職しよう」と思う原因は…

看護師という職の人の他の職業に転職する理由は人によりけりです。

看護師という職業の人のそれ以外の仕事に転職に至る原因は、その人それぞれではないでしょうか。ちょっとみると看護師を辞めての転職には「職場環境に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚することで家庭環境の変化によって出産加えて子育てそれから家族の介護など、環境のさまざまな変化など、これまでのようには働き方が厳しくなってしまった」「稼ぎに不満がある」というような悩みが考えられます。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、ゆっくりじっくりと客観視してみることも忘れずにやっておきましょう。「実際に転職したら状況が好転するのか?」ともう一度考えたうえで決断すれば間違いが減らせます。

もし転職を考えているのなら、前もって資格を取得しておくことをお勧めします。

もしも将来、転職をするつもりなら、転職する前に資格を取得することでステップアップできます。また、仕事を続けながら資格を取ると転職活動に有利に働くので仕事を見つけやすくなります。ですから、在任期間中での資格取得がもっとも好ましいタイミングといえます。もしあなたが転職を目指しているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の会社を退職後も後悔なく次に進めます。それにプラスして、資格を取ることができれば、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の際、担当者に戦力として使えるとみなされ、それまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が固いならば…

『転職をしたい!』と考えていて、将来の進路がハッキリしているのなら、辞めたいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。ですが、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、高確率で言いくるめられるので要注意です。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、スンナリと受理されずに結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職する旨をはじめに直属の上司に話した時は年度末、いろいろあって退職出来たのはこの年の11月です。本音はちょうど年度末を契機にやめようとおもったのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。やはり人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの要望を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでかなり前の会社に対しての困ってしまいました。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

転職活動では、「年収」が話題に上がります。面接の際、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実にもらっている年収よりも多めに申告し多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。なお、今の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みは通常あり得ません。仮に、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、せっかく入社したのにその後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

転職を考えていた時期に何個かの人材紹介会社に登録していました。

勤め口を探していたころかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質に関しても本当に様々でたいていの場合、物足りなく感じる人ばかり。こっちは人生の大事な事なのにもっと真摯に臨んでほしいという考えが高まってきてそれがきっかけとなり私はキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。資格を取得するためにはコストも必要でしたし資格取得のための勉強に関してもとてもヘビーでしたが、求職中の人から頼みにされるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。