派遣社員として働く会社が決まりました。

派遣社員として働く会社が決まりました。

派遣での仕事が決まりました。就業の初日に営業の担当の方と就業先の近くのコンビニエンスストアで落ち合う約束をしていたのですが、彼がどうしたことか約束したお店の前にいないので中にいるのだろうと思い店内に入っていくと、担当者はなんと雑誌のコーナーで座り込んでいかがわしいグラビアのページを開けて読んでいるところを発見!こんな担当者のお仕事なんて我慢できないことだと感じ、声もかけずに気付かれないように店内から出て即座に派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。

近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの会社もたくさんあります。特許を出願したことのある人は、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングするネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと考えられる連絡をもらったときには、思い出してみましょう。まれにヘッドハンディングと言いながら、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、そのような業者は言うまでもなく詐欺なので、引っかからないように注意しましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を払う必要などありません。

転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというより採用担当の面接官との…

転職活動のコツは企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが大事といえます。面接で良い印象を与えるために、初歩として緊張せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、例えれば出来れば素敵な女性とお見合いのような気分でいる望むと緊張がとけるかもしれません。面接係員はもっとも最初にあなたの内面的な素質を判断されるので悪い印象を与える身なりは気をつけてやめましょう。そして社会人らしい状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。オーラを感じさせることができればいいです。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと転職活動はかなり楽になります。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。

「転職エージェント」は、一度登録すると、しつこく電話やメールをしてきます。初めて利用された人は大変驚くケースが多いです。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事だといえるので、大変積極的です。特に大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業から報酬を受け取るシステムであることから、転職者の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れた瞬間に、入社を強引にすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、転職に妥協しないように気を付けましょう。

転職先を選ぶにあたって、当然仕事のやりがいアップも大事だ…

転職先を決めるにあたって、もちろん仕事におけるやりがいアップと一緒にさらに年収のアップも大事なことなので「年収サイト」というサイトに登録して前もって研究しています。全く同じ会社で全く同じ職種、社歴であるにも関わらず人によって大きく違いがあることも多くあって、正直に言えば面接の時質問したことがあります。面接をした方もそのサイトを見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた側も誰なのかそこそこ予想がついているのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の収入で心の準備をしておいてください」とのことでした。