昔務めていた会社で反りが合わない上司に悩みを抱え、最後…

新卒後最初に働いた会社ですぐにきれる上司に嫌な気分にさせられ…

  • 昔働いていた会社でのことですが性格が合わない上司に悩まされ、とうとう耐えることができなくなってその会社は辞め、同業の別の会社に移りました。人間関係で悩むこともなく非常に充実した毎日でしたが、少しずつ会社の売上が落ち込んで、最後には経営統合されました。そしてその経営統合した先の会社がなんと以前いた会社で、しかも感じの悪かった上司が再度私の上司になるそうです。どれほど縁があるのでしょう。もちろん新たな転職活動を始めています。

    在職中は可能なかぎり水面下で(私の経験談ですが)就労期間中・・

  • 在職中は可能ならば、周りの人に悟られないよう、(自身の転職活動では)前職中に転職の意思表示だけを早い段階で周りの人間にほのめかしたことがありました。でも、それから、求人誌をあれこれ見ていったものの、結局は転職先も転職するタイミングすら何一つ決まらないまま、あっという間に時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方の会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験したあとで、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

    転職をする際に用意する必要がある履歴書や職務経歴書などに関してですが・・

  • 再就職しようとする際に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書においては、たいてい、手書きではなく、パソコンで作るというのが主流となっています。日本の社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで作るというのが当たり前だと考えられていることもよくありますが、それは新卒に関する就活やアルバイトの際に作成する履歴書であって、実際のところ、転職のケースは履歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとは言えないのです。自筆の方を高く評価する場合もあるようですが、そうではない時がどんどん増えてきているようなので、パソコンを用いて作成した履歴書でもよろしい会社は多いのです。

    以前は、「転職サイト」に頼るより私はハローワーク派でした。

  • これまでの私は、「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」に相談していました。その理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、システム上、都心部での求人情報がメインになっているためです。であったので、転職活動をする際は、「ハローワーク」しか利用していません。掲載されているいくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域に根ざした情報が都心部以外での転職をするときには重宝します。「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」という先入観がある人が少なくはないでしょう。思いもよらず、良い求人もありますので今の会社を辞めて転職したいのならば、参考までにハローワークへ行って相談してみてください。大手転職サイトのように執拗な電話やメールもありません。

    転職候補となる会社での面接での多数のひとが思い違いをしているのですが…

  • 転職時の面接での多数のひとが思い違いをしているのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりしていると、はっきり言って逆効果です。ですから、思い切って面接の際は「ボーナス」など、通常ならかなり質問しづらいことを勇気を持って聞いた方が結果的に間違いなくあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった質問をすることで結果が不採用になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。ところが、意外と面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的にはいい場合が多いようです。こうした「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。とはいうものの、不採用を恐れるあまり、モジモジして質問できません。けれど、勇気を出し一歩踏み込めば「勇気のある人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。