昔の求人情報に「性別」が書かれているのが一般的でした。

前の求人情報では、雇いたい人の「性別」までもれなく記載されていました。

一昔前の求人情報には、雇用主が必要とする「性別」について、明確に書かれていました。けれど現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用時、男女差別がしてはいけない事となり、応募条件のなかに「性別」が無記載となりました。そうはいうものの、求人を出す側としては、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。従って実は男性が希望の企業に女性が募集にやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまい、といったトラブルも他人事ではありません。もしも、「女性が活躍している職場です」とアピールしている場合、雇用主が働き手は女性を必要としている、と読むのが確実です。

就職活動をする際に特に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、…

転職するため職探しをする場合に注意が必要な募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長いというものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがよくあります。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間や45時間という感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料形態に残業代を組み込むということです。例えば求人に『みなし残業代25時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料がもらえます」という求人になるわけです。ですが、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』を表記していない場合もありますのでよく注意をしておきましょう。

シフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜・・

これはシフト制の仕事に関する話です。毎週、決まった曜日に働ける人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているなら休む方法やシフトの出し方については面接の際にチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員として就職したのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私だけに任せるなんて…。思い出す度、本当によく我慢したなと思います。

いよいよ転職を考えているのなら、現在の職場や仕事の何に不満を感じているの…

今から転職活動しようと思うのなら、今いる職場での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。元々不満にガマンできないから転職しようと思われているはずです。でも「よく考えて現状である仕事・業務の客観的にみた問題なことを書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、仕事を変えることで「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後のモチベーションの低下を防ぐ事ができるでしょう。

職を変えようとしようとしている時にチェックすることに・・

仕事を探しているときにチェックする求人内容はだいたいのもので掲載されている、という可能性もあり得ます。そのため、記載されている情報は正確なことだとは思うのはやめておいたほうが好ましいでしょう。特に生活に大きくかかわってくる給料面においては、社員を平均した額なのか?最低限もらえる金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?という判断ができないことが多く、自分の判断で判断してしまうと、今後、後悔する事もあるでしょう。そんな訳で、嫌な思いをしないために、求人情報はおおまかなものだと思って、そういったようなとても重要なことは直接確認した方がベストでしょう。