新卒後最初に働いた会社で嫌な感じの上司の存在に嫌な目に合わされ、…

働いていた会社で感じの悪い上司に悩み、最後には我慢することができなくなってその会社は辞め…

  • 就職した会社で嫌な感じの上司に嫌な目に合わされ、とうとう仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、別の同業の企業に変えました。そこでは居心地よく仕事ができとても充実した日々でしたが、じわじわと会社の売上が落ち込んで、ある会社に経営統合されることになったのです。そしてその統合した先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、それどころか転職のきっかけとなった上司が再び私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょうか。当然ながら新たな転職活動をスタートしています。

  • 雇用中は可能ならば、こっそりと、(私の転職活動では)…

  • 就労中は出来るだけ社内の人間にバレないように(自身の場合)雇用中に転社する考えのみはじめの時期に社内の人間に仄めかして反応を見ました。しかしながら、その後に求人を散々見て回ったものの、結局は転職先も時期などさえも無計画なまま決まらず知らぬ間に時間を空費する結果に。一方、会社の方も業務の引き継ぎや手続き、自らの退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、お粗末な展開を迎えました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したあとで、次の就職先を探すハメになりました。

  • 転職をする際に書かなければいけない履歴書などにおいては…

  • 転職をしようとする際に必ず準備する履歴書においてですが、基本的には手書きではなく、パソコンを使って作成するのが主流となっています。日本に関しては履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず自筆で作るのが一般常識だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトの際に作成する履歴書であって、実は、転職においては履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないと断言はできません。自筆の履歴書を高く評価するところもあるようですが、そうじゃない会社がずっと増加してきますから、パソコンで作った履歴書や職務経歴書でもよろしいケースはかなりあるのです。

  • 以前の私は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。

  • 今まで私は、「転職サイト」を使うより、私はハローワーク派でした。というのは、有名どころの「転職サイト」は、特性上、都心の企業の求人がほとんどだからです。であったので、求人情報を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか企業の数や給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域に根ざした企業もあり、都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、「どんな求人があるかわからない」と思われている方も多数いるかもしれません。思いもよらず、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、これから転職について不安がある方は、ハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。人気の転職サイトのようにたくさんの電話やメールが送られてくる心配もありません。

  • 転職の際に外せない企業での採用面接でのやめておいたほうがよい…

  • 転職の際に必須となる企業での採用面接でのやめておいたほうがよいのは度を超えた猫かぶりしていると、予想に反して逆効果です。そうならないために例に挙げるならば面接時は、「産休」といったような、多数の人がかなり質問しにくい内容を思い切って率直に尋ねておくと、あなたのためになります。信じがたいかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、面接結果に悪い結果になるのではないか」と懸念するかもしれません。ですが、意外と好印象を持ってもらえることは結果的には少なくないようです。こういった「お金」や「労働環境」に関連する内容は、仕事をするとなれば、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。ついつい不採用を恐れるあまり、なかなか聞きづらいのも事実です。しかし、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「言うことはちゃんと言える人だな」と思わせることができます。