数年前は求人情報には、雇いたい人の「性別」まで当然のように書かれていました。

昔の求人情報には、募集条件の中に「性別」まで、当たり前のように書かれていました。

数年前の求人情報には、募集条件の中に「性別」について、もれなく明記されていました。しかし最近では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、男女の求人・採用差別をしてはいけないルールとなり、応募資格内に「性別」を明記できなくなりました。そういった時代になったのですが、求人情報を出す会社は、本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。ですから、実は男性を欲しい業種に女性の採用希望者がやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまい、といった問題も無関係ではありません。もし、「女性が活躍している仕事場です」とアピールしている場合、雇用主が働き手は女性を必要としている、と認識したほうが無難です。

就職のため職探しをするときに気を付けて欲しい求人内容は・・

就職のため仕事探しをする際に注意が必要な募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束時間が長いものです。こういった求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースがとても多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料形態に残業代を含んでおくというシステムです。(注・違法ではありません)『みなし残業代35時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」という話になるわけです。が、悪質なブラック系の求人ではこの『みなし』という言葉が可能性もあるので注意をしておきましょう。

シフトの仕事についてです。毎週、特定の曜日に働ける人を募集する求人・・

「シフト制」の仕事についての話なのですが、決まった曜日に働ける人を募集する求人をよく目にするのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方について、前もってチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、過去に私は産休で抜けた人の代わりに正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前にいた女性が「土日」に必ず出られたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変わってもらうときは、上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い返すと本当に異常な職場だったんだと思います。

そのうち転職活動をするのなら、今の業務や仕事での納得いかない部…

今からでも転職活動を考えているのなら、現状の業務や業務の何に不満を感じているのかを明確化する事が必要です。当然できていると思うと、意外とできてないです。不満にガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「よく考えて業務の客観的にみた不満点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできると思います。

職を変えようとしようとしている時に注意を向ける仕事の情報というの・・

再就職を考えている時に閲覧する求人情報というのは、おおまかなものとして載せている可能性もあり得ます。ですから、書かれていることは正しいことだとは迂闊に信じるのはやめておいたほうがいいと思います。中でも特に生活に大きくかかわってくる給料に関しては社員を平均した値なのか?それとも最低限の金額なのか?最高値なのか?という読みができない時が多く、勝手な判断で判断してしまうと、今後、悔しい思いをする可能性もあります。なので、後悔しないようにするためにも、求人情報はおおまかなものだと思って、そういったとても重要な内容は会社の方に直接問い合わせるのが良いでしょう。