数十年もの長い間、一緒に生活をともにしている仲の良い夫・・

数十年もの長い間、ともに仲良く生活している夫婦のこと・・

相当長い間、年月を一緒に親しく生活している夫婦をよく、「おしどり夫婦」といった名で呼びますが、このおしどり夫婦たちも、愛情があれば長く良好な夫婦生活が続くとはいえません。いかにパートナーの「嫌な部分」を受け入れられるかどうかも大切です。すぐに別れてしまう夫婦も、一番の原因となることは、相手を認められなくなる何かがあるためでしょう、結婚生活がスタートしたら、当然ながら、毎日顔をあわせる関係となるので、あなたに恋人ができても考えてみると、長続きしないことが多かったという人は、その相手のしぐさや、口癖などにカチンと来ても、何日が過ぎれば、許せるのかどうかを試してみてください。いくら時間が経っても、イライラしてしまうのであれば、関係が破綻してしまうかもしれません。もしも、相手の言動に引っかかる何かがある場合は、結婚したあとに息をしているだけでストレスに感じるかもしれません。

結婚活動(婚活)自体をしてみたいけど、そこまで予算を割きたくないという場合…

結婚活動をしてみたいけど、あまり予算を割きたくないなら、いわゆる結婚相談所に登録するのではなく、マッチングアプリ・婚活サイトといったものがお勧めです。マッチングアプリや、婚活サイトなら自分自身のペースで活動していくことができますし、ほとんどのサイトでは、料金も定額制が当たり前なので、コストの心配なく安心して活動できるというわけです。お金がない場合は、一旦、活動を休むオプションも選べるので、自分のペースに合わせて無理のない活動してくことができます。上記の利点を踏まえ、マッチングアプリや、婚活サイトで婚活をしてみましょう。定額から始められ、ハードルは低いので選択肢に入れておいて良いはずです。

お見合いパーティーなどの結婚活動イベントでは絶対プロフィールカードというものが配られます。

お見合いパーティーでは絶対プロフィール(自己紹介)カードというものが配られます。参加者がそれぞれ前もって書いておくのですが、それが、会話の話題を考える材料になります。なので、みなさんと似たようなことをうっかり記載してしまうと、印象が残らないばかりか他の人とごっちゃになりかねません。以前、私の場合男性から後程ものすごく称賛されたことで、得意料理が他の人と被ることなく珍しかったということがあったんです。肉じゃが、ハンバーグ、グラタンなどは好感が持てますが他の女の人とよく被ります。私の場合度々「麻婆豆腐」「ナシゴレン」といった、食べ物を日頃から作っている人しか作らないような、少しこった料理の名前を書いていました。料理を作ることが得意なことを売り込みたいなら、本当の得意な料理よりも、相手にどのように印象に残すかも考えてより印象付けられるものを書いた方がベストでしょう。

お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな方…

お見合いパーティーなどの婚活イベントには様々な人が出席されています。結婚相手ではなく女友達とか合コンの相手を探している方もいますし、本気で交際する相手や将来の結婚をする相手を見つけに来た人も多数いらっしゃいます。女友達とかコンパの相手を見つけに来た場合は、今後の婚活につながる可能性もあります。ところが、中には真摯に女性と付き合う気など全くなく、今日一晩だけの遊ぶ相手を求めている場合も非常に残念ですがあるそうです。私がイベントで会った男性の中に、「今晩一緒に過ごしませんか?」と口を開くなりすぐ尋ねてきた方がいらっしゃいました。「は?」と聞き返したのですが、彼は「夏だから解放された気分になるから、女性もそういう気持ちで来ている方が必ずいると思う」という話でした。もちろんお断りしたのですが、私を誘ってきたその男性は最終的にはめでたくカップル成立していたので、女の人の中にも本当にそういう考えの人がいたということになります。とてもびっくりしたことでした。

婚活アプリをキッカケに出会った男性に、本当にびっくりしましたが…

インターネット上の婚活に関するアプリで知り合った男性から、本当に驚きましたが、物品のセールスを仕掛けられたことがあったんです。彼のプロフィールの画像が本当にイケメンでプロフィールには経営者、収入も平均以上で、そのうえ、年齢は20代半ば。そんな人が、私と親しくなりたいと迫られ、多少、不安に感じながら、それでも、良い条件が揃っていたので、それでも楽しみにしながら会ってみると、その正体は、ネットワークビジネスの勧誘をしてきました。しかも、ものすごく執拗で、拒むのに精一杯でした。このような理由もあり、良い条件が揃いすぎている男性には、何か裏があると解釈しておいた方が良いかもしれません。