実際に失業保険の給付を受けるためには、職を探していることが条件になります。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、求職活動をしていることが条件になります。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることが条件になります。しかしながら、現実的には「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくは仕事をせずにゆっくりしたい」と考えるのが現実でしょう。本気で就職活動しているように見せる方法は、あります。月一回の「ハローワーク」での面談はパスできませんが、そこで、「求人票」をチェックすることを必ず行わなければいけません。本気で探す気持ちが出ないときは、「求人票」だけ目を通して、ハローワーク職員との面談の際に、「労働条件のいい仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事が意に反して見当たりませんでした」と告げて次の機会を狙っておけば大丈夫です。

その昔は看護婦と言った看護師という職業は、やはり女性のたいへん…

その昔は看護婦という名前だった看護師というのは務めとしてどうしても女性のすごく多い職です。それだけでなく、気力だけでなく体力ともに消耗が激しい特徴もあります。それ故に、対人関係にトラブルを抱えやすく、結婚や出産の後に仕事と私生活のバランスが取りづらい仕事でもあります。実際、上記のような点に行き詰まり、職場を替える人がとても多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に悩まされています。つねにどの医療機関も看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望者が後を絶たないスパイラルになっています。

新卒採用で入社しましたが、心を改めて転職を決意しました。

新卒採用で入社しましたが、思い切って転職しました。実際に行動する前は、しばらくの間不安で辛い時期もありました。でも、社会に出て数年経てば転職をして中途採用で働いている人がほとんどだということを自らの転職活動で気づき、無意識のうちに不安な気持ちは解消されていきました。転職をするとなにか気持ちが前向きになって、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが楽しくなっていきました。いまだ「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」といったような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合、転職を決断して良かったと思います。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、すぐ辞められるというわけではないこ・・

派遣社員というものは、1年経ったらすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職したことで気付かされました。私は新婚語、生活が落ちついたらすぐに子供がほしかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、1年半~2年ほど今の部署で仕事したいと思ったので、就職することにしました。派遣社員としてだったので、月収は安かったですがですが時間的な自由が得られるのでガマンしました。ですが、入社後、一緒に働く人たちのほぼ全員のスタッフが10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。たとえ派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、悩みが増えました。

転職したいと考えている会社で見学などがあるとすごく勉強になります。

転職したい会社での見学に参加するとたいへん勉強になります。その中でも、「職人」がいる会社での見学は、スキルを間近で見られるので楽しくもなります。でも、「職人」がいる会社見学は、例外なく見学者には、実際の仕事風景とは違っているものです。その最たるものが、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので働きだしてからでないと、本来の働き方が出ません。なので、見学内容がそのまま仕事、と解釈しないことがとても大切です。また、見学時に実際に仕事を体験させる会社は危険ですから気を付けるべきです。入社してもいない人には万が一問題が発生したとしても、それに対する保証はありません。スタッフから勧められても丁重に断るとこが大切です。