失業保険を毎月、給付してもらうには、活動していることの証明が必要になる・・

きちんと失業保険を給付してもらうためには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることが条件になります。ですが、現実は「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくは働かずにゆっくりしたい」と思う人が多いはずです。ですので、心から次の仕事を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。月一回の「ハローワーク」での面談は必要ですが、求人票を見ることは最低限やらなければいけません。心の中では探す気持ちがないときは、求人票を真剣に見ているフリをして、ハローワーク職員との面談にて、「自分に合った仕事、希望する仕事が見つかりませんでした」と言って、次の機会を狙えば良いです。

  • その昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは歴史的背景…

  • 看護婦という名前だった看護師といえば、どうしても女性比率がかなり大きい職種です。厳しいことに気力あるいは体力ともにひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのため、職場環境での人間関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産によって仕事と家族との折り合いをつけるのが難しい仕事ともいえます。実際に、そういった問題によって転職される人が多い傾向にあります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。なので、医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、さらに転職に拍車を掛ける原因の一つなのかもしれません。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、悩んだ結果、転職しました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、転職することになりました。退職した後は長い間悩んでしまいました。でも、数年で会社を辞めて、大半の人が転職を経験していることを自らの転職活動で理解し、無意識のうちに不安な気持ちは解消されていきました。なにより転職を経験したことによりなんだか肩の荷が下りる気持ちを実感し、「自分の好きなこと」を再確認できて嬉しくなっていきました。いまだ「続けてこそ意味がある」といった転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、私自身、間違ってなかった、と思っています。

  • 派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら好きな時にすぐ退職できるわけではないこ…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと転職したことで思い知らされました。私は新婚生活が落ちついたらなるべく早く子供を持ちたかったので、子供ができるまでの期間のために1年半~2年ほど現在の仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、正規よりも月収は少なめでしたが、家庭の時間のために、この道を選択しました。しかし、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半が10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。たとえ派遣社員だからといって、すぐに辞められるワケではないと、これが今の悩みになっています。

  • 転職候補に挙がっている会社の会社見学は、すごく参考になります。

  • 転職先の会社見学ができれば、すごく参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」のいる会社なら、腕を見るのが楽しくもなります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、高確率で見学者には、いつもの現場を見せることが少ないです。例えると、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので実際に働きだしてからでないと、実際の姿はわかりません。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは解釈しないことがたいへん大切です。ましてや、見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから良い会社とは言えません。雇用契約を結んでない人には何かしらのトラブルが起こっても、保障がないため、仮に、勧められても角が立たないように断るとこが大切です。