失業保険を毎月、給付してもらうには、仕事を探していることの証明が必要になります…

失業保険の給付は、仕事を見つけようとしていることが条件になります。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。とはいえ、実際は「会社に行く必要もなくなったし、とりあえずはのんびりしたい」と考えるのが正直なところでしょう。しっかり働き先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。月一回のハローワーク職員との面談は避けようがありませんが、求人票のチェックは必ずやっておきましょう本音では探す気持ちが出ないときは、「求人票」にだけ目を通し、ハローワーク職員との面談のときに、「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が残念ながら今回はありませんでした」と、相手に告げて、次に期待しましょう。

看護婦と呼ばれていた看護師は、歴史的にも女性の割合がすごく…

以前は看護婦と呼ばれていた看護師というのは務めとしてやはり女性比率がすごく高い職種です。しかも、気力・体力の大きく消耗が激しい傾向にあります。であるがゆえに、職場の環境での人間関係で行き詰まったり、結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい職業ともいえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多いというのも事実です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態に困っています。最近は特に、各病院は、看護師が足りない「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たない状況となっています。

新卒として入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職をしました。

新卒で入社した会社を去り、転職することになりました。会社を辞めたときは、相当に不安で悩みました。でも、会社をわずか数年で辞めて、多数の人が転職をしていることを自身の転職活動のなかで理解したことで、自然と気持ちは楽になりました。1度、転職をするとなんだか考えも前向きになって、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が喜びになっていきました。いまだ「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」という転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の場合は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、自分の好きなタイミングで辞められるものではな・・

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職活動したことで実感しました。私は新婚し、生活が落ちついたら早く子供を持ちたかったので、それまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい今のそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正規よりも給料は少なめでしたが、仕方ないので時間的な自由が得られるのでガマンしました。ですが、入社後、一緒に働く人たちの大半のスタッフが派遣の仕事を10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。意外にも派遣社員といえども、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

転職候補先の会社見学は、すごく参考になります。

転職したい会社で会社見学しておけば、たいへん勉強になります。また、「職人」がいる会社での見学は、腕を見るのが楽しいものです。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、通常通りの仕事現場を見せてくれることはありません。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーなどの分野です。この分野では、個人のプライドが強いので入社した後でないと、本当の姿はわかりません。ですから、仕事は見学で見たものだけだと決めつけないことがとても大切です。ましてや、見学時に仕事を体験させる会社はとてもキケンですし、良い会社とは言えません。正規雇用が結ばれていない場合、万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保障など一切ありません。万が一、勧められても丁寧に断るのが無難です。