失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業のあいだが給付条件です・・

失業した際にもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されません…

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、失業していることが給付の必要条件ですが、給付される期間について規定があります。それまで働いていた期間に応じ、3ヶ月とか1年と決められるのですが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。永久にもらえると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから急に職探しをしたとしてもロクなところが見つからない可能性が高い。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、失業中に遊び惚けていなかったのかといった点はそこそこ察しがつくでしょう。状況次第では、面接担当者からそういった質問をされるキケンもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、まず受からないでしょう。
  • 転職に先立って失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、…

  • 転職を目前にしているなら、現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしあなた自身が退職届を提出して会社を辞める、いわゆる依願退職の場合は、すぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると思っている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果としてハローワークの保険担当者とトラブルを起こしているのを見たことがあります。因みに自分側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業認定が下ったのち即座に失業保険が給付されます。
  • 再就職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見合う…

  • 再就職によって勤め先を一新するということは、自分自身に適合する居心地の良い場所を選択したいものです。勤務先、職場を変えると、向いている仕事に出会えるかもしれません。が、メリットだけがあるわけでななく、即戦力となりうるスキルがないと、転職自体が難しいです。逆をいうと、あなたの技量次第で「天職」に出会える可能性も高くなる、ということです。現代は、職業選択の自由が権利として認識されているので、転職を選択しても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある昨今、「とにかく良い人材が欲しい」と感じている企業もだんだん多くなっているので、今の良い時期をうまく利用してみるのも良いでしょう。
  • 転職というものをしようと考えたとき、そこでの自分の給料ばかりを気にする人は・・

  • 転職をする場合、転職先での給与について気にしすぎる人がとても多くいます。多くの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費をもらうべく励むでしょう。したがって年収の額は自分がどれほど評価してもらえているか、という面もありますからとうぜん大切なことは当然ではあります。しかし、ひどく年収の額に異常にこだわりすぎる生き方というのも悲しい気がします。それより収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充足感を得られることは大いにあるものだからです。
  • 女性が再就職する場合、一昔前と今現在とは多少の、違ってきている点があります。

  • 女性の再就職に関しては、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは若干、変化があるといいます。過去には面接の際に会社側から、結婚観や出産後の考え方について質問されることがありました。ですが、最近の動向としては、そういった内容は「セクハラ」にあたるとして、聞かれないことのほうが多くなってきています。また、とりわけ大企業ほど、タブーとして神経質になっています。けれども実際、企業側としては、YES・NO、ではなく、その人の生き方、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思っています。自身の将来設計をわかっておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと併せて話すことで相手方にも考えが伝わり、安心してもらえると考えられます。なので、たとえ、質問されていない部分も、先にあなたの側から配慮し、話していくことを考えてみてください。