失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業のあいだが給付条件です…

失業することによって得られる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件です…

  • 失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中であることが給付のため必要ですが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまで勤務してきた期間によって変動し、90日とか120日とか決められるのですがこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限り給付されると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから焦りつつ転職活動をしても好条件の仕事を探すのは困難です。会社の面接官もバカでは無いので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった内容はだいたいバレると思っておくべきです。状況によっては、面接の際にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、まず受からないでしょう。

  • 転職を行うにあたって、現在働いている会社を退社する時…

  • 転職を行う際、現在勤務している会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もしも自分の希望により退職願を出して退社する、いわゆる「依願退職」のときはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経過すれば給付されると思っている人がいますが、この規則をわかっていない人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果ハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。ちなみに、社員側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したケースでは、失業認定されてからすぐに失業保険を受け取ることができます。

  • 再就職することで仕事先を新しく替えるということは、自分に見合…

  • 再就職して仕事先を一新するということは、自分自身に適合する職場を探したいものです。適職に有りつけることも可能です。しかしながら、現実に行動する際は、転職先にふさわしい能力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。言い方をかえると、あなたの才能次第で、天職に恵まれる、ということなのです。現代は、職業選択の自由が社会通念上として認知されているので、転職を決断しても特に困難なことはないでしょう。組織と人との関係が軽薄になりつつある今現在、「使える人材が欲しい」と希望する企業もだんだん増加しているので、今の良い時期をうまく利用してみるのも良いでしょう。

  • 転職について考えた場合、そこでの給料ばかりに気を取られる人…

  • 転職というものをしようと考えたとき、その職場の年収を気にしすぎる人がけっこう少数派でもないでしょう。ほとんどの人は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として稼ぐために励むと思います。だから年収がどれだけかは自分がどれほど評価してもらえているか、でもあるので大切なことは当然ともいえます。ですが、年収というものにとらわれすぎてしまう人生というのも悲しい気がしませんか?収入に直結しない仕事であっても精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。

  • 女性が転職する場合、数年前と今日とでは少し違ってきている点があります。

  • 女性の転職については、今と数年前では多少、状況が変わりつつあります。かつては面接のなかで、結婚と出産についての考え方などに関して、ごく普通に質問されることがありました。しかし、現在はセクハラと会社側が捉え、聞かない会社、が増加傾向にあります。また、とりわけ大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっています。が、会社側は、〇か×ではなく、その女性の姿勢「結婚後も働きたいのか」育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいとは思うはずです。あなたの価値観をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、会社側も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。たとえ、聞かれてない箇所についても、先にあなたの方から配慮し、答えておくのが良いです。