在職していた会社で嫌な感じの上司の存在に嫌な目に合わされ、…

昔働いていた会社でのことですが嫌な上司に嫌な目に合わされ、…

  • 新卒後最初に働いた会社で嫌な感じの上司の存在に困ってしまい、とうとう我慢できずに退職し、同業である別の会社に変えました。会社に行くのが楽しく満足した毎日でしたが、少しずつ会社の業績が落ち込んで、ある会社に経営統合されることになったのです。その統合した会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、加えてとても嫌いだった上司がまた私の上司となることに。どうしてこんな縁があるのでしょうか。言うまでもなくまた転職活動を始めるつもりです。

  • 雇用中には、可能なかぎり周りの人間にバレないように(…

  • 就労中には、状況が許す限り、バレないよう(自身の転職活動では)在職中に転職する気持ちのみを活動初期の段階で社内で知らせたことがありました。ですが、その顎、求人情報を必死に色々と見たものの、悲しいことに働き先のあても時期などさえも無計画なまま煮詰まっていないままダラダラと時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方の会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験し、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

  • 再就職の時に必ず準備する履歴書や職務経歴書などにおいては、…

  • 転職をする場合用意しないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては、大体、手書きではなく、パソコンで作成するというのが基本です。現代の日本においては履歴書はパソコンを使わずペンを使って作るのが当然だと考えられていることもよくありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトの時であって、実際には、転職については履歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目と断言はできません。自筆の履歴書を評価する場合もありますけど、そうではない企業がずっと増加していていますので、自筆でなくても良いとする企業は意外にも多いのです。

  • 以前の私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • これまでの私は、「転職サイト」に頼るよりいつも「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、大きな「転職サイト」は、特性上、都心の求人しかないからです。このため、求人を探す際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなりますが、昔から地域ある企業が多く、都会以外での転職には役立ちます。ですが、「ハローワークは地味なイメージがある」と先入観を持っている方も多くいるかもしれません。有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、これから今の会社を辞めて転職したいのならば、お近くのハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」のような大量の電話やメールが送られてくる心配もありません。

  • 転職活動中の会社での採用面接での勘違いしている人が多いのです…

  • 転職の際に欠かせない企業での採用面接での多数のひとが思い違いをしているのですが採用をされたいあまり過度に猫をかぶることは残念なことに悪い結果を招くおそれがあります。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「給与システム」など、通常はかなり質問しづらいことを思い切って率直に尋ねておくと、確実にあなたのためになります。信じられないかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった内容を無神経に尋ねることで最終選考に良い結果が期待できないのではないか」と懸念するかもしれません。けれども良い印象を持ってもらえることは結果的には少なくないようです。これらのことは労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。ですが、不採用を恐れるあまり、不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかし、逆手に取って、「ほかの人とは違うな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。