勤めていた会社で感じの悪い上司に悩みを抱え、最後には…

在職していた会社でパワハラを行う上司に困惑してしまい…

  • 就職した会社でつらく当たる上司に神経を使い、ついには我慢することができなくなってその会社は辞め、同じフィールドの別の企業に乗り換えました。そこでは居心地よく勤務することができ非常に充実した日々が続きましたが、ちょっとずつ業績が悪くなって、とうとうある会社に経営統合されることになりました。偶然にも経営統合の相手はなんと前に働いていた会社で、おまけにとても嫌いだった上司が再び私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれほど縁があるのでしょうか。言うまでもありませんが新たな転職活動を開始する予定です。
  • 就労期間にあるときは、出来るだけ周囲に悟られないよう・・

  • 在職期間中なら、可能ならば、周囲に気づかれないように、(自身の転職活動では)在職期間中に転社する意思表示だけを活動初期に同僚に仄めかして反応を見ました。とはいうものの、その後求人誌を必死に色々と探してみたものの、思いとは裏腹に転職先も時期などすら無計画なまま煮詰まっていないまま知らぬ間に時間だけが過ぎてしまいました。その傍ら、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験し、次の就業先を探すことになりました。
  • 再就職しようとする時に絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書に関して・・

  • 転職をしようとする時に絶対に用意する必要がある履歴書や職務経歴書などについては、原則的には自筆ではなく、パソコンを用いて作るのが基本です。我が国においては履歴書や職務経歴書はパソコンを用いずペンを使って用意するのが一般常識だと考えられていることも多いですが、それは新卒に関する就活やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際には、転職の時は履歴書や職務経歴書は絶対に手書きでないといけないと断言することはできないのです。自筆を評価する企業もあるようですが、違う企業がずっと多くなってきていますから、パソコンで作成した履歴書でもOKな場合は多いのです。
  • 今までの私は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • これまでの私は、「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」に通っていました。なぜなら、規模の大きな「転職サイト」は、構造上、都心の求人情報だけだからです。そのために、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少知名度は低くなってしまいますが、地域密着といった点では都心部以外での転職をするときには重宝します。また、「ハローワークを利用したことがないから不安」と思われている人がかなり多いと思います。以外にも、良い求人情報も載ってたりもするので、この先今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークへ行って、相談するものいい案です。転職サイトのようにたくさんの電話やメールもありません。
  • 転職候補となる面接では、よく思い違いがあるのですが度を超…

  • 転職候補となる面接に関して、よく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりをすることです。するとそれがそのまま逆効果になります。そうなる前に思い切って面接時は、「産休」などの、通常であればかなり質問しにくい内容を勇気を出し聞いた方が結果的に確実にあなたのためになります。信じがたいかもしれませんが、「採用前の段階で、ずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、選考結果に落とされるのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、だけどもプラスの結果になる可能性が高いのです。こうした「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実のところ、多くの人が気になっています。その反面、面接の場ではモジモジして質問できません。けれども、一歩踏み込む勇気があれば「勇気のある人だな」と自己アピールになるのです。