再就職の面接などの場面で担当者に名刺を渡された時、あなたも名刺を相手…

転職の面接などの場面で名刺を差し出してきたら、あなたも相手の方に名刺を…

再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を差し出された場合、あなたも名刺を相手側に渡すべきか?渡さないべきか?と対応の仕方に悩んだときは、ほとんどは差し出さないもの、と覚えておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事ではなく、職に就くための就職活動の一部であるわけですから、ほとんどの場合は名刺を交換する場ではありません。それに加えて、会社の者としてその場にいるのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。そういった訳で、もしも相手側から名刺を差し出されても、こちらの方は名刺を受け取るだけでよくて、相手の方にあげることは少しもないと判断できます。

このところ私は派遣会社で働いています。

今、私は派遣会社に登録して働いています。サイト上で気の向くままに条件のよい仕事を発見して問い合わせたところ「残念ながらその仕事は、別の方の採用が内定しています」と言われてしまい一瞬サイト上からも仕事の情報が見えなくなるのですが、その次の日になればまた載っています。それって結局私ではよくないのってことですよね。そうであれば最初からカドが立たないくらいではっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それとももしかしてダミーの仕事なのでしょうか?

求人についての情報を見てみると、たいていの職場では月の給料の記載に目が行きますよね。

求人関連の情報では、とうぜんたいていの職場では月の給与が記載されているはずです。でもこの月収をチェックする時には、深く確認する事が大切です。数字だけ見て判断しないようにしましょう。会社によっては、月収の内訳で月10時間残業の場合が含まれているかもしれません。何が問題かというと残業代を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも少なくないのです。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている企業もあったります。その手の「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない問題として…

転職活動における最後に残る壁として、今の会社の退職があります。転職先から採用の内定を得ても、現職の企業が退職を引き留めることも少なくありません。そういったケースでは、どうあっても退職する、という強固な意思を維持することが重要といえます。仮に引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を手元に用意しましょう。それから、決定権を持つ上司と談判し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とはっきり伝えます。「円満退社」で去ることも転職活動において重要な要素になってきます。

これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合…

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当はあなたが勤めている会社側がきちんと「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合で仕事を辞めた方は3か月の待機期間があるのですが、今の企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐもらえる場合があります。もらえる失業手当の金額は会社で最後に働いた月の直近の給料がもとになって失業手当の金額を算出されるため、現在の会社に繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。