再就職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を差し出された場合…

再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を渡された時、…

  • 再就職の面接などの場面で担当者が名刺を差し出してきた場合、こちら側も名刺を相手に差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と悩んだ場合は、おおむね渡す必要はないと知っておいてください。面接に関して言えば仕事の内ではなくて、採用活動の一環です。ですから一般的に考えて名刺を交換する時間ではないのです。それに、あなたは立場上会社の人間として出向いているのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。なので、もし相手から名刺を差し出されても、こちらは、ただもらうだけで大丈夫で、担当者に相手にあげる責任はまったくないと言えるのです。
  • 今、私は派遣の会社に入っています。

  • このところ私は派遣会社で働いています。ウェブサイトで自分に合っていそうな仕事を見つけ出し確認したところ「その仕事はもうすでに別の方でお話が進んでいます」と言われて一瞬ウェブサイト上から仕事の情報が消滅するのですが、翌日に閲覧すると再び載っています。それって結局私だとよくないのっていうことですよね。それであれば初めからトラブルにならない程度に正直に伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。あるいは客寄せのための存在しない架空の仕事なのでしょうか?
  • 求人についての広告には、とうぜん普通の職場では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。

  • 求人関連の情報では、大部分の企業では月にもらえるお金が明記されています。だけれどもこの箇所を見る際は、深く確認する事が必要です。その値だけで判断してはいけません。というのは企業によっては、月収の内訳に月10時間残業の場合を含んでいるかもしれません。つまり残業代の金額をトータルすることで金額が高く見えるようにしている場合もあります。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性も考えられたりします。そういうわけで、このようなよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。
  • 転職活動をする際の最後の難問として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動をする上での最後に残る壁として、今勤務している会社の退職があげられます。転職先の企業が採用の内定を出したとしても、現在勤務している会社があなたを慰留してくる可能性があります。そうなってしまった場合、「何が何でも退職する」という強い信念を持つことが求められます。もしも会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。会社の規定を良く調べ、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。その後、決定権のある上司と談判し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と毅然とした態度でのぞみましょう。円満退職をすること、これも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。
  • これから転職予定がある人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのな…

  • 年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは会社側でもし「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。このとき、失業手当の金額は会社で最後となる勤務月の直近の給料を基に失業手当の支給する額を算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。