再就職の面接などにおいてもし担当者に名刺を渡された場合…

再就職での面接などの時に名刺を渡された時、あなたも同じように相手の方に名刺を…

  • 転職における面接などに関して面接担当者が名刺を手渡してきたら、同じようにあなたも名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?とどちらが正解かわからない場合おおむね差し出さないもの、と頭に入れておきましょう。転職のための面接は仕事の一部ではなく、職に就くための採用活動の一部なので、一般的に名刺をやりとりする時ではありません。合わせて、会社の者としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。そういった訳で、相手側から名刺を渡されたとしても、あなたは名刺をもらうだけでよくて、担当者に相手に渡す責任はないと言えるのです。
  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • 派遣会社に登録しています。ウェブサイトの中でなにげなく条件のよい仕事を探して応募しようとすると「その仕事はもうすでに別の人の採用が内定しています」という答えられ瞬間的にサイトから仕事情報が閲覧不能になるのですが、翌日に閲覧すれば消えたはずの情報が掲載されています。これは結局私ではよくないのっていう意味ですよね。そういうことならば初めからプライドを傷つけない程度に正直に教えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それともまたもしかするとダミーの仕事なのでしょうか?
  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、普通の株式会社・・

  • 求人情報には大部分の場合は多くの会社では月にもらえるお金が記載されているはずです。しかしこの月収の欄を頭に入れる時には、深く確認する事が大切です。数字だけ見て納得しないようにしましょう。実は会社によっては、月収の金額の中に「毎月15時間の残業」が含まれているおそれもあります。それは残業代をトータルすることで金額が高く見えるようにしているケースも考えられるのです。さらに「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあります。こういった「不誠実」極まりない案件は、「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。
  • 転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、今の仕事を辞めることがあります。

  • 転職活動をする際の最後に残る難関として、現在の仕事を辞めることがあります。転職先の企業が採用の内定を出しても、現在勤務している会社が退職を引き留めようと説得してくる可能性もあります。そのような場合は、絶対に退職する、という強固な信念を持つことが必要でしょう。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。会社の規定を確認し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を記入しておきます。それから、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を考え直す可能性はありませんと、毅然とした態度でのぞみましょう。円満退職をすること、これも転職活動で大切な要素となります。
  • 今年中に転職活動を始める際に次の仕事をする前にある程度期間があるのなら・・

  • 今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、ぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当てはあなたが勤めている会社側で社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、今の企業の都合での退職や、残業時間によっては、ただちに受け取れることもあります。もらえる「失業手当」の額は、仕事を辞めた月の給料がもとになって失業手当の金額を計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。