再就職における面接などに関してもし名刺を渡された時、…

再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を差し出してきた場・・

  • 再就職の面接などの場面で面接担当者が名刺を渡してきた場合、あなたも同じように名刺を相手に渡すべきかどうかと迷ったら、普通一般的には渡すことはないと理解しておくと良いですね。転職のための面接というのは仕事ではなく、就職活動の一部です。ですから大方は名刺をやりとりする時ではありません。それに、会社の人間として出向いているのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。なので、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらは受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方に渡す義務は少しもないと推測できます。
  • 今、私は派遣会社に入っています。

  • 今、私は派遣の会社に登録をしています。サイト内で何の気なしに自分にぴったりの仕事を発見し応募しようとすると「その仕事はもう他の人で話が進んでいます」と断られ瞬間的にウェブサイトから仕事情報が閲覧不能になるのですが、なぜか翌日になれば再び載っています。それって結局私ではよくないのだということですよね。それであれば最初から変に隠さないくらいにはっきりと教えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それとももしかすると実際には存在しない仕事なのでしょうか?
  • 求人関連の情報を見てみると、大部分の場合は大部分の株式会社…

  • 求人関連の情報を見てみると、多くの企業では月収が記載されているはずです。しかしこの月収を頭に入れる時には、深く確認する事が必要です。額の多い少ないだけ見てわかってしまわないようにしましょう。何故かというと会社によっては、月収の額の中身が月15時間残業の場合が条件になっているかもしれません。要するに残業代を含めて魅力的な案件のように見せかけ、募集していることも珍しくありません。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性も考えられたりします。こういった可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社ははじめから相手にしないほうが無難です。
  • 転職活動における最後の難問として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動を行う上での最後の問題として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先を見つけても、現在働いている企業が、あなたを離したくないと慰留しに掛かるかもしれません。そうなった場合、何があっても退職する、という強い信念を保つことが大事といえます。仮に引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。会社の規定を確認し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をきちんと作成しましょう。そうして、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と毅然とした態度でのぞみましょう。円満退社という形をとることも転職活動で大切なポイントとなります。
  • 近いうちに転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、「失業手当」を受け取っておきましょう。これは勤めている会社で「雇用保険」を払っていた場合は、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに貰える可能性もあります。もらえる「失業手当」の金額は、辞めた月の近々の給料をもとに失業手当の金額を計算するので「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。