再就職での面接などの時に名刺を差し出してきたら、あなたも名刺を相手に…

転職の面接などの場面でもし名刺を差し出された場合、こちらも名刺を相・・

再就職での面接などの時に名刺を差し出されたとしたら、同じように自分も名刺を差し出す方が良いのか?と悩んだ際は、大体の場合は差し出す必要はないと知っておいてください。転職のための面接というのは仕事内ではなくて、採用活動の一環です。ですから大方は名刺を交換する時間ではありません。重ねて、あなたは立場上会社の人間としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。という事で、もしも相手側から名刺を差し出されても、あなたのほうはもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手側に渡す責任は必ずしもないと推測できるのです。

派遣の会社に入っています。ウェブサイト内で何の気なし…

このところ私は派遣の会社に登録しています。ウェブサイトの中で興味を引かれる仕事を見つけ出して尋ねてみると「そのお仕事はもう他の方で話が進んでいます」と言われてしまい一時的にウェブサイトから仕事情報が閲覧不能になるのですが、なぜか翌日に閲覧するとまた情報が掲載されています。これは要するに私ではよくないのだという意味ですよね。そういうことならば最初から変に隠さないようにはっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。それともまた架空の仕事を載せているのでしょうか?

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、まともな株式会社で・・

求人についての情報誌やサイトを見てみると、まともな職場では月の収入が記載されているはずです。この部分を見る際は、注意して確認する事が大切です。その多い少ないだけで判断しないほうが無難です。というのはひょっとすると、月収の額の中身に「毎月10時間分の残業」が含まれているおそれもあります。それは残業代を入れて魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられるのです。このほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性も考えられたりします。そういうわけで、そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

転職活動の最後の難問として、現在の仕事を辞めることがあげられます。

転職活動を行う上での最後に残る厄介な難問として、現在の仕事を辞めることがあげられます。転職先が採用の内定を出しても、今いる企業が退職を慰留しようと説得してくる可能性もあります。そうなった場合、何があっても退職する、という強い意思を保つことが大事といえます。会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をきちんと作成しましょう。そして、決定権を持つ上司と相談し、退職を撤回する考えはありませんと、はっきり伝えます。円満退社を目指すのも転職活動において大切なポイントになってきます。

今から転職予定がある人で、次までの仕事にある程度期間がある方は…

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、ぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は今働いている会社でしっかり「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、場合よっては会社都合や残業時間によってはすぐもらえる場合があります。さらにもらえる「失業手当」の金額は、仕事を辞めた月の直近の給料を基準に手当の額を計算されるので、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。