先日転職活動の一環として人材バンクに登録をしに足を運びました。

数日前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に足を運びました。

3日ほど前転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。カウンセリングをしに出てきた担当の人の雰囲気がどうも新入社員みたいで、私が伝えたいことの2分の1もその社員はわかってはいない模様だったのです。それに加えて「キャリアデザインが物足りないですね」とか「自分の強みは何なのか考えるべきです」等、一人前のように偉そうに話すので非常に嫌な気落ちになりました。カウンセラーは多少は能力のある社員に、するべきです。

転職活動を現職と並行する人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。ただ、仕事をしつつ求人情報を調べながら応募したり、面接を受けるのは精神面も肉体面も負担が大きいといえるでしょう。転職活動中は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、もしも、書類選考を通過し、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、他方自身で直接、応募した場合も相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにせよ貴重な時間をムダにしかねないので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

将来転職活動をするという時は、気になった求人(もしくは業種…

将来的に転職活動をするという時は、気になった求人(業種)を見つけた際には100%「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントからは業界に関するマイナス部分についてアドバイスはないものと思っていてください。ネットで調べればネット検索を活用することで一発で実態を知ることができます。そうしたチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、直後にしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたい求人が出ていた理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」といったケースが多くを占めます。興味をもった案件や業種については、疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

職探しをするにあたっては、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

新しい職を探すとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を使う手もありますが、仮にそういったところに登録し新しい仕事を見つけることができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。あくまでハローワークに届け出を出さないと失業保険の給付対象にはならないので気を付けるべきです。他方、「ハローワーク」主導で斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就職のための準備費用として、「一時金」を受け取れることになります。ウェブで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。この点について押さえておかなければ、失業中に給付金が他に入らない状況になるので、気をつけておきましょう。

仮にあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に・・

もしもあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」など、大都市から地方に移って再就職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。近年は転職サイトを活用すれば、郊外・地方の求人も閲覧できるようになっています。ただ、地方や郊外での求人の場合、都市部ような選択肢がないので、それがマイナスといえます。ですので、求人情報サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもまめに確認しておくことをお勧めします。そうした機関の転職サポート系のイベントについても確認しておくとよいでしょう。