先日転職先を見つけるために人材紹介会社に登録に出向きました。

昨日転職先を探すために人材会社に登録に向かいました。

新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に出向きました。登録するときのカウンセリングを行うために現れた担当の人の雰囲気がどうも20歳そこそこの社員のようで、私が説明していることの5割もその社員は理解していないように見えました。しかも「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと強みと弱みを明確化しておく必要性があります」等、一丁前の話を横柄に言い散らかすので非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリングを担当する人はそこそこ仕事の経験がある社員にしてほしいです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。

転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。けれども、仕事を行いつつ求人情報を調べて応募したり、面接に臨む、というのは負担が大きいといえるでしょう。今の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、いざ面接というときに辞退すると面倒な事になるかもしれません。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、そうではなく直接応募していた場合も相手の会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると徹底しましょう。

転職活動のさなか、気になった求人(または業種)を見付けるたびに…

転職活動をするという時は、気になる求人(OR 業界)を見つけた際にはしっかり「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントでは、業界のマイナス部分について、教えてはもらえません。インターネットで調べればインターネット検索を活用することで一発で現実を知ることができます。そうした手間を惜しんで入社してしまうと、直後に痛い目に合うおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が、「内容がきつく、入っても続かない」という場合も多くあります。目に留まった業種について、しっかり調べた上で応募しましょう。

求職活動においおいて、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」…

転職をするにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)すなわち斡旋を行う会社がありますが、そこに登録し就職先をうまく見つけたとしても、「失業保険」は給付されないため、要注意です。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても給付対象にならないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。他方、「ハローワーク」主導で斡旋してもらって就職したときは、就職のための必要なものを揃えるための「一時金」を得られたりもします。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険とは無関係です。このような点を知らない場合は、失業中にお金がもらえなくなるため、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

あなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」において…

あなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」にて大都会から地方に移り住んだうえで再就職したいと考えている人が、近年増えています。ネット社会の今では転職サイトの地域指定をするだけで、地方・郊外での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。けれども、地方や郊外での求人については、どうしても都市部よりも少ないのが一般的です。そのため、求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもよく確認しておくことをお勧めします。そうした機関の転職サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。