先日仕事を探すために人材会社へと登録に向かいました。

一昨日転職の準備をしようと人材会社に登録に向かいました。

先週人材会社に登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当者がどうも仕事の経験が少ない社員のようで、私が話したことの2分の1も彼はわかってはいない様子です。おまけに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと強みを明確化しいていくことが大切です」等、一丁前のことを偉そうに言うので大変嫌な気持ちになりました。カウンセリングをする人はいくらかカウンセリングのスキルがある方にするべきだと思います。

転職活動を現職と並行している人は少なくありません。

転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。ですが、働きつつ求人案件の応募に走ったり、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にも消耗が激しいです。現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、仮に、書類選考を通過し、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、自身で直接、応募した場合も相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにせよ自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。新卒の就活とは全くことなることを理解しておく必要があります。

将来転職活動をするのなら、気になる求人(業界)を見付けるたび…

将来的に転職活動をされるなら、気になった求人(OR 職種)を見つけたら、逐一、「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や転職サイトの担当者の言葉からはまずその業界に関するマイナス面などはアドバイスはないものと思っていてください。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索を活用することでその実態を知ることができます。そういった面を知らずに入社した場合、あとで痛い目に合うおそれがあります。そもそも求人募集が出ている理由が「仕事内容がキツイからなかなか人が定着しない」ということも少なくないため、目に留まった業種について、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

就職活動をするとき、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェン・・

転職する時にウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する場合もありますが、あなたがその種のエージェントに登録した結果就職先が決まったとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても失業保険をもらうことはできないので注意が必要。これと異なり、「ハローワーク」によって斡旋された会社に就業したときは、就業用の準備金として一時金が支払われます。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。これを知らなければ、失業中に給付金が他に入らない状況になるので、そうならないように気を付けましょう。

もしあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

もしもあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」において大都市から地方に移って転職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。今のネット社会では求人情報サイトを駆使すれば、郊外・地方の求人もいつでもアクセスできます。ただし、地方での求人情報では、都市部のような選択肢は期待できないのが一般的です。なので、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもマメにチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポートの関連情報も注意してみておきましょう。