何年か前までは求人情報では、必要とする人材の「性別」ま…

一昔前の求人情報に募集条件の中に「性別」が、記載されているのが普通でした。

  • 数年前の求人情報では、募集条件の中に「性別」について、明記されていました。しかしながら現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、雇用において、男女差別がないようにしないといけないルールができて、応募資格の中身に男女の性別を記載しないようになりました。とはいえ、募集する企業側には男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。現実問題として、実際は男性希望の企業に募集に女性がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性がエントリーしてきたり、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」と記載があれば、希望しているのは女性だと認識しておく確実でしょう。

  • 転職活動をする際に気を付けるすべき求人の募集内容は…

  • 就職のため仕事探しをする際に特に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束される時間が長いものです。こういった求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースが少なくありません。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間とか45時間といった感じで求人の内容に時間が書いてあります。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、給料形態に残業代を組み込む、といったシステムです。例えば『みなし残業代20時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」という話になります。が、悪質な求人には『みなし』を意図的に表記してない場合もありますのでしっかり注意をしておきましょう。

  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日…

  • 「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日に働ける人を募集する求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方をあらかじめチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、私は過去に、産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員の仕事についたのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前にいた人が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私自身も同じタイプと思われていたようです。「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出す度、「本当によく耐えたな」と。

  • そろそろ転職活動しようと考えるのなら、今の職場や仕事…

  • 来週からでも転職することを希望しているのなら、今現在の仕事・業務での納得いかない部分を明確にしておく必要があります。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。不平が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「きちんと客観的に考えた満足できない点を明確化する」ことを大半の人はやっていません。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。その次にもしも転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後のモチベーションの低下を抑えることはできます。

  • 転職をする際に見ることになる求人内容に関しては、基準的なものとして、アバウト・・

  • 転職を考えている際に閲覧する募集内容は一般的なものとして掲載されている、という確率がありますから、そこに記載されている情報は全部正確な情報だとは信じるのはやめておいたほうがよろしいでしょう。その中でもとりわけ報酬に関しては一般的な値なのか?最低限なのか?最高値なのか?というような見解ができない人はたくさんいて自らの勝手な判断で読み取ってしまうと、後から悔しい思いをする可能性も少なくなりません。そのため、求人に記載されている情報は基準だと思って、そういったようなとても肝心な内容は会社側に直に連絡を取ってみた方が妥当でしょう。