仕事を変えた際には、高い確率で前の会社の仕事での美化されます。

転職すると、だいたいの場合は前の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。

  • 仕事を変えると、高確率で前職での記憶は大方、美化されます。そもそも現在の待遇に問題点があるから、それを解消するためにせっかく再就職したはずなのに、いつしかなぜかわからないけれど転職後の会社よりも「前の仕事のほうがマシだった」と感じる機会が増えてきます。普通で、以前の職場では日々の日々の仕事の手順に慣れていて、普通に日常の業務がたやすくこなせていたからというのが根底にあるでしょう。とはいえ「転職しなけりゃよかった」と思うほど、以前の会社の方が仕事に対してのやりがいや環境がいいことがあります。

  • 転職活動中は、無意識のうちに時間に余裕がある分、気が緩んでしま…

  • 転職期間中は、つい時間に余裕があるため、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。・・であったとしても、そうした過ごし方を習慣にするのは危険です。なぜなら、ダラダラとした生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、心もダラケテしまうからです。そのうち、働く気力も失い、お金に困る状況にも・・・。そうすると、悪いサイクルがさらにつづき、次の職場がきちんと見つけられなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えるからです。お金を最優先事項に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られないように暮らしていくためにダラダラした生活は、(転職活動中には)不必要です。

  • もし再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ると…

  • もし転職することが、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、状況が悪くなる可能性があります。労働環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。さらに、残業時間を増やされることもあるので、軽率に転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。上記のようなトラブルを避けるためにも、いまの職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。注意をしておくことで、良い状態をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を去れるはずです。また、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後にも、相談にのってもらえるかもしれません。どこの会社も、人とのつながりがとても大事なので、辞める前のトラブルは、できるだけ控えましょう。

  • 昔から「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。転職というのは当たり前になりつつあります。とはいうものの、当たり前に転職が可能だと思い込み安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職しようと考えるなら、時期を的確に捉える必要があります。その基本として、今現在の職場、自分の置かれている立場などについて、不服点を10個程度、紙にリストアップしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、転職活動がスムーズになるはずです。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、行動を早めに取り、よりも良い仕事ができるよう、自分なりに努力してみてください。

  • 転職活動には、それなりの準備が必要です。

  • 転職活動では、それなりに準備をしなくてはなりません。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に映る「服装」は、気になる人が多くいます。けれど、最近の企業面接に関しては私服で大丈夫な会社があるので、ガッチリとビジネススーツで決めて行く必要がない場合もあります。とくに会社の創設したての会社などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接したほうが、良い印象を持ってもらえます。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすいのもメリットといえます。さらに、私服を見せることで面接のなかで、洋服の話もしやすくなりますから、うまくいけば担当者に気に入らえるチャンスを作れます。これから転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。