今までの求人誌には、性別がしっかりと記載されていました。

何年か前までの求人情報には、雇用側が必要とする「性別」について…

  • 数年前の求人情報に雇用主が求める人材の「性別」まではっきりと書かれていました。ところが現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、男女の求人や、採用での差別をしてはならないという決まりになり、求人情報の中身に男女の性別を記載しないようになりました。そういった時代になったのですが、求人を出す側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。現実問題として、実際は男性必要とするジャンルに、女性が応募したり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といったトラブルも無関係ではありません。仮に、「女性が活躍できる仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、求めているのは女性だと認識しておくできます。
  • 転職のため仕事探しをするときに注意したほうがよい求人は・・

  • 就職のため職探しをするときに注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束時間が長いというものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースが非常に多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間とか45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料形態に残業代を組み込んでおくというものになります。(ちなみに、これは合法です)もしも『みなし残業代30時間込』とあれば、「記載時間分の残業代を入れると、この給料です」という話になるわけです。けれども、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』を記載していないことも少なくないので気を付けてください。
  • これはシフトのある仕事についての話なのですが、一定の…

  • シフトがある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方を事前にチェックしておくべきです。私は過去、産休で休む人の代理として正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトだったのですが、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った人が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思えばよくやってこれたなと思います。
  • そろそろ転職を考えているのなら、現状の業務や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分を…

  • そのうち転職しようと思うのなら、直近の業務や仕事の何に対して不満を感じているのかを明確にしておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不平があるからこそ、転職しようと思っているはずです。が、「しっかりと現状の客観的に考えた不満なことを列挙する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。
  • 仕事を変えようと考えている時にマークする募集要項に関しては…

  • 仕事を探しているときにチェックする求人情報は、通常のものとして書かれていることもあります。そのため、情報として載っていることを必ずしも正確であるとは迂闊に信頼しないほうが最適でしょう。その中でも特に報酬においては平均的な値なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高額なのか?というような判断ができない転職者も多く、独断で解釈してしまうと、悔いが残る確率もあります。それゆえ、募集事項は、一般的なものだと思って、そのような大事な事は直に確認を取ってみた方が良いです。