一昨日転職の準備をしようと人材紹介会社へと登録に出向きました。

一昨日転職活動の一環として人材会社へ登録に向かいました。

転職先を見つけるために人材紹介会社へと登録に足を運びました。私のカウンセリングのために出てきた担当の人が見た感じ社会人経験の少ない社員のようで、私が説明したことの5割もその社員はわかっていない感じ。さらに悪いことに「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと強みと弱みを明確化しておくことが必要でしょう」とか、わかったように偉そうにのたまうので非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリング担当者はいくらか仕事の経験がある社員にしてほしいものです。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。とはいっても、忙しく仕事をしつつ求人を求めて奔走したり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にもハードだといえます。転職活動をしているあいだ、現職の同僚や上司にもバレないようにしなければなりません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、書類選考をパスし、面接の段になって辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを通している場合はそのエージェントからの評価が落ちますし、それとは異なり自分で直接、応募した場合でも、相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにしても自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。新卒の就活とは全くことなることを意識を持つことが大切です。

転職活動をされているのなら、気になる求人(または職種)…

今から転職活動をされるなら、気になった求人(OR 業界)を見付けるたびにマメに「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナスとなる面は、知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索を通じて一発で本来の姿を理解できるでしょう。そういった検索をしないまま、入社してしまうと、あとからしっぺ返しを食らうおそれがあります。そもそもその求人募集が出ている理由が「仕事がキツイからスタッフの出入りが激しい」といった場合も多いので、気になる業種や案件に関しては、きちんと調べたうえで応募しましょう。

就職活動をするにあたっては、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント・・

就職活動をするとき、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を使う方法もありますが、もしあなたがその業者に登録し就職できたとしても、失業保険の給付にはつながらないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付を受けられないので注意すべきです。これと違って、「ハローワーク」を介して斡旋された会社に就業した場合は、就職のための準備金として、一時金を受け取ることが可能です。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このようなことを無視していると、失業中に給付金を手に入られないので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

仮にあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形…

あなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」といった形で、都市部から地方に移って転職したいと検討している人、実践している人が増えています。今では求人情報サイトの地域指定をするだけで、国内のあらゆる場所の求人情報にも容易に得ることができますが、しかしながら、郊外や地方での求人はどうしても大都市よりも少ないのが事実、痛いところでもあります。そのため、求人情報サイトを利用するのは当たり前ですが、転職サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもまめにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポート系のイベントについても見逃さないようにしましょう。