一昔前の求人誌には、必要とする人材の「性別」まで明記されていました。

今までは求人情報に募集条件の中に「性別」が、書かれていました。

今までの求人誌では、募集条件の中に「性別」について、記載されていました。しかし現在では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、雇用時、男女差別がないようにしないといけないルールができて、応募条件のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。しかしながら、求人募集をしている会社は、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。なので、本当は男手を欲しい業種に女性が応募してきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。もしも、「女性が活躍する職場です」といった内容の案件は、会社側が働き手は女性を必要としている、と認識しておくできます。

転職活動するときに気を付けるすべき求人の募集内容は、…

就職活動をする際に注意すべき募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長めのものです。こういった求人は、給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースが少なくありません。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間や45時間という風に求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、はじめから給料に残業代を入れて計算しておく、といったものです。(この仕組みは合法です)例えば『みなし残業代50時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れれば、この給料がもらえます」というワケです。けれども、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』をわざと記載していない場合もあるので、充分に注意を払っておきましょう。

シフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集する求…

これはシフトのある仕事についての話なのですが、一定の曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については事前にたずねておいた方が良いです。私自身、出産のため休む人の代わりにと正社員として働き始めたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。産休に入った前任者が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

転職することを希望しているのなら、現在の職場・業務の何に不満があるの・・

転職活動しようと思うのなら、現在の仕事や業務での納得いかない部分をリストアップしてみましょう。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満な点が大きいから転職したい、と考えるのは分かります。が、「しっかりと現状である会社の不満なことを明確化する」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職したとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぎやすく、成功することができるでしょう。

転職をする時に閲覧することになる仕事の情報というのは、…

再就職をする時にマークする求人情報に関しては、基準的なものとして、アバウトに載っている可能性も少なくはありません。なので、そこに書いてある内容は100%正確な情報だとは当てにしない方が好ましいでしょう。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬面においては、一般的なのか?最低保証の金額であるのか?最高値なのか?というような見極めができる転職者は少なく、自分勝手に読み取ってしまうと、今後、後悔するかもしれないのです。ですので、そんな風にならないためにも、求人に載っている情報は基準だと思って、そのような大事な事は会社の方に直に問い合わせるのが好ましいでしょう。