もしもあなたが、お見合いパーティーのフリータイムの際…

もしあなたが、お見合いパーティーでのフリータイムの時…

仮にあなたが、お見合いイベントのフリータイムで、どの人からも話しかけてもらえなかった場合、地獄です。いたたまれなくなり、その場所からすぐさま別の場所に消えてしまいたくなるほど悲惨でかなり悲しい感じになるでしょう。そのような、二度と経験したくない悲劇を防ぐために、参加の前に気にしておくべき重要な事があります。男性のほとんどが女性を選ぶ際、一番に重要視することは、はっきり言って歳とルックスです。また、年齢においては、とても残酷ですが若ければ若いほど好都合です。あなたの年齢が参加するパーティーの設定された年齢の下限界ギリギリである場合、特別、努力せずとも人気が勝ち取れます。逆に上限ギリギリだった場合、いくら見た目が良くてもかなり厳しい戦いを強いられるでしょう。そのため、男性の条件に飛びついてあなたにとって都合の悪い年齢が設定されているイベントに行くより、あなたの年齢より年上の同性が多数来ているイベントに参加する方が得策です。

婚活で開催されるイベントでのファッション・メイクは、…

結婚活動が目的のイベントでの服装・メイクは、婚活用の「婚活ファッション」「婚活メイク」が既にこの世に存在します。一昔前に「合コン必勝法」と銘打って、色々な雑誌が特集していたものの婚活版と捉えておくとちょうど良いです。意外にも、結婚活動用のグッズは少しずつ増えていて、市場にも「婚活リップ」という有名な商品などがあります。世間ではかなり有名なグッズなので、私の友達にも目にした人もいます。合コンブームも落ち着き、時代は合コンから婚活へと推移しているのでしょうか。好ましい服の色、履いて行く靴の感じ、また、ヘアスタイル・メイクなども行く婚活パーティー毎に変えていく知り合いもいます。婚活でやっているイベントにもいろんな条件にわけられているものもありますが、高収入限定の婚活パーティーと普段の婚活パーティーとは違うと思います。高収入の男性を見つけるべく無理しながら、ブランドもののバッグやアクセサリーを手に入れてパーティーに参加している女性だっています。

もしもあなたが、婚活デート用にバッグを新たに購入するな…

もしもあなたが、結婚活動(婚活)のためのデートのために新しくバッグを買う場合は、小型のトートバッグを選んでおくと間違いがありません。小さめのトートバッグは見た感じあまり高級すぎず、デザインも上品ながらがっちりフォーマルといった感じではありませんから、いろんなスタイルに合わせられるマルチな利便性が魅力といえるバッグです。それに加えて、収納力も優れていて、一日中出かけるとしても必要なアイテムはしっかりと入ります。小型トートよりもサイズの小さめなバッグは、取り回しには苦労しませんが、収納できる量に限りがあるという問題があります。婚活デートにおすすめの小型のトートバッグは、今は色・デザインともに無数にあるので、婚活のためのデートに合うものを入手しておきましょう。

「人は見た目で判断しない、中身が大切だ」と言われますが、これは…

「人は外見じゃない」なんて言われますが、正しいし、また間違いでもある、と思います。結婚相手なら、当然ながら相手の中身(性格・価値観など)は大切な部分です。しかしながら、心理学的には人というのは見た目(第一印象)で相手を判断し、それに加えてその後の評価にもつながるとされています。(しかもたった数秒でです)つまり、自分の意図しない部分で初対面の相手に対しての印象が決まってしまうということです。そのため、婚活を有利に進めたいのなら、まずは、相手に好印象を与える、ということが本当に肝心なことなのです。常に派手な服装、ブランド物をいっぱいつけていたとしたら、常識的に考えると一般女性だったら通用しない可能性が高いです。あなたの探している相手がそんなタイプなのであれば、なんの問題は無いのですが、あなたが普通の女性をパートナーにしたいのなら、普通の格好のほうが良いケースも多くあるのです。着飾らずいつもと変わらない自分でもチャンスは生かせられるのです。

初めて婚活目的のパーティーに出席した時、見事に失敗してしまいました。

結婚活動でやっているパーティーに初めていったとき、大きなミスをしてしまいました。婚活をスタートさせたばかりでの初心者だった事もあり、婚活自体に慣れておらず、一緒に出席する予定の友達とも当日に着ていく洋服の打ち合わせをすることなく行った婚活パーティー。パーティー会場に到着して周りを見回すと、参加女性はみんな、スカートやワンピース、パンツスタイルでも女性らしい柔らかい雰囲気でした。その点、私の格好はというとカズレーザーみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツといった姿です。そして、上着には黒いライダーズジャケット、足下には黒いブーツとハロウィンみたいな出で立ちです。当然ながら、そんな私は会場では浮きまくってしまい、誰ともまともに話をするチャンスすらないまま、イスでちょこんと座り、何をするわけでもなくパーティーは終了、となりました。今考えても赤面するぐらい恥ずかしいですし、正直、人生でこんな恥ずかしい思いは2度としたくありません。この失敗以降は、結婚活動で開催されるパーティーに行く際は、ファッションを友達とチェックしあうようになりました。