ここ数年の企業の労働背景が激しく変わってきたことについて、社会人の…

現代の会社や企業の雇用形態が慌ただしく変わってきたこと…

近年の企業の雇用事情が大きく変化したことについて、社会人の中で34歳ぐらいまでの若い人たちほど関心度が高いといわれています。将来を見据えた動向なのでしょう。なので、サラリーマンや労働者の「流動化」が著しくなっているため、輪をかけて後々世代に関わらず転職について考える機会が強まっていくでしょう。このような状況下の中、勤め先を変えることはより身近なものとなっていくのでしょう。「終身雇用制度」が存在していた頃には転職者というとそのことで評価が下がるとも言われて事実、転職が難しい時代でもあったようです。しかし社会が変化し今現在やっている会社のみに執着する意味も必要性もあまり無くなっているように感じます。

転職活動を行う際に、まず働いている会社の退社手続きを終えてから…

転職活動を行うのに、とにかく今の会社を退職してから転職しようとする人もいますが、そういったときにはボーナスが入る時期を確かめておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はそこら中にありますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスをゲットできる時期が近いときには、支給日を待って退職するという考えも賢い方法です。ボーナスは月々の給与と比べて多くもらえるはずなので、もらわなきゃ損ということも言えるでしょうから、会社を辞めるときにはボーナスが支給される日について確実に頭に入れておく方がボーナスをもらうのを忘れないと思います。

転職サイトはよく知られたサイトであるほど豊富な量の案件が掲載されているため・・

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される会社も多いので、関心のある2,3の会社を、とりあえずウェブサイトに登録した上で、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、加えて条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に転職情報を集めることが可能です。とはいっても、初回は登録するのにそこそこ労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録をする初回時は少々時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着情報だけ確認すれば良いので、後々のためにも、初めにしっかり準備することを心がけるのが無難です。

再就職をする際の面接での身なりはクールビズ可とと連絡が来る場合もあります。です…

再就職の面接において企業側からクールビズでもOKとと事前に言われる時もあります。しかし、なかには、クールビズで面接するのは本当は良くない印象を与えるのではないか?と考える人がいます。そのような思いを懐に背負いこんでいる方々に伝えたいのは、会社側からクールビズで来るように言われたのであれば、伝達事項を守った方が堅いです。迷うことによってしまい、とても暑い季節にスーツをびしっと着ると逆におかしいので、クールビズで良いと記載されていたらクールビズで構わないのです。

転職活動をやっていると、面接で高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動で面接で例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機については、隠さずに話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由についてありのままに話すのは得策ではありません。例をあげれば報酬に対する不満、上司と相性が悪いことなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。とはいっても、過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対抗して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。さらに、「入社したなら、〇〇をしたいです」、「5年先はこういったことをしているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、と巧妙に話をすり替えましょう。