こうした話は兄の友人から聞いた話です。

こういう転職というのは知り合いの話です。

  • 兄の知り合いの話です。新卒の時に絶対に入社したかった憧れの対象であるA社の最終面接で不採用になり、その先やむを得ず他の会社に就業しました。その後1年経過したぐらいに派遣の求人サイトの中でたまたまA社の紹介予定派遣の仕事を見つけて、いてもたってもいられなくなってその時の会社をすぐに辞めて、A社に派遣という形で就労しました。やったな、と思った行動です。真剣に頑張ってその結果憧れのA社で正社員になることができ、現在ではやりがいを持ちつついきいき働いています。

  • 初挑戦となる業界などに転職したいと考えている場合には・・

  • 全く経験のない業種などに転職したいと考えている場合には、前の業界で、自分が培ってきた腕前ややってきたことを生かすことができるというアピールが必要になります。経験をしたことのない分野の場合、未経験の分その業種で勤務したことがある方よりも事実、不足することはありますが、自分の持っている能力がそこでも十分に生きるということを相手に伝えることができれば、勝負になることも十分にあります。そんな訳で、未経験のジャンルにチャレンジするときには、その業界と前の職場でやっていた仕事とのつながりを徹底的に探しましょう。

  • 転職をするための活動を行う際は、なにはともあれ常に自分自身の…

  • 転職活動を成功させるには、最初に常にあなたの内心がスッキリしていることを心がけましょう。まだ辞めないで転職をする活動をするのであれば、それほどには気にしなくても良いとは思いますが、退職の後に行う場合、どうしても心が焦燥感が出るものです。そのため、冷静になりつつ、転職活動を続けていきましょう。自身でやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを明瞭にしてみましょう。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致しているか否か、落ち着いてしっかりと見極めましょう。そうすることで、良い転職先が見つかりやすくなります。

  • このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、早期に辞めてしまうことを決断する・・

  • 2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう選択してしまう人がずいぶん多かったりします。何故そうかと思うと私見ですが気持ちも新たに、転職先の仕事を見つけたものの、「自分自身の期待していた仕事と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「納得行かないのでウンザリしている」ということで去っていくことが多いといいます。可能ならばこういった転職における失敗を避けるためにはまずは転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。通勤にかかる時間、給与体系、などいろいろ前もって調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

  • 長期間接客関係で勤めてきましたが、歳をとるにつれ立ったお仕事・・

  • 長きにわたって接客業で勤務していたのですが、年齢的に立ち続けるお仕事は体力的につらくて、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを志して行動にうつりました。事務が未経験だとけっこう厳しく、そうであれば接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしたいと資格試験にも合格し個人の医院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関しても複雑。夜のシフトばっかり押し付けられて、接客業で働いていた時よりも帰りも遅いわけですが、とにかく今はキャリアの形成時だと割り切って頑張ります。