こういう転職というのは従兄からの話です。

この話は知人からの話です。就職活動を始めて新卒時の就・・

  • これは友達の話です。就職活動を始めて新卒の就職活動でどうしても入社したかった憧れていたA社で行われた最終の面接で不採用になって、その先やむを得ず別の会社につきました。数年経った頃に派遣の求人サイトを閲覧する中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、いてもたってもいられず当時の会社をすぐに辞め、A社での派遣就業を開始、勇気がありますね。真剣に頑張ってそれから憧れのA社で正社員登用されて、現在においてはやりがいを持ちながら明るく働いています。
  • 全くの未経験である業界などに転業したいと考えている場合には…

  • 初挑戦の業種などに転身する際には、前の会社で身についた能力や今までの経験が生きるという訴えが必要になります。未経験の業種の場合、経験のない分だけその業界で働いたことがある人よりも不足することはありますが、自分が保持している力がそのジャンルでも十分に発揮できるということを伝えることができれば、戦えることも考えられるのです。それゆえに、未経験の業種にチャレンジする場合は、その業界と自分が今までやってきた職務との関係をできる限り探しましょう。
  • 転職の活動をしているときは、まず常にあなたの心のうち…

  • 転職の活動中はとにかく、最初にゼッタイに心のうちが静かであるということをとても重要視したいものです。在職中に転職活動をするのであれば、あんまりそうでもありませんが、退職の後に行う場合はどうしても気持ちが焦りが出てしまいます。ですので、慎重に転職活動を続けていきましょう。将来、自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージを明瞭化しておきましょう。候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、再度、冷静になって見極めることが重要なのです。この手間を掛けることで転職で良い結果を出しやすくなります。
  • 3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、少ししか仕事もしてないの…

  • 少し前に転職をやっとしたというのに、わずかしかたっていないのに退職届を提出する人がわりと多いものです。私の考えでは気持ちも新たに、自分に合った会社を手に入れたはずなのに「自分の理想としていた仕事とおかしいと思うほど違っていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」といった感じで去っていくことが多いといいます。でもこのような、転職における失敗を避けるためには初歩として、情報収集を徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、通勤に掛かる時間、など前もってチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • 長年にわたり接客関係で仕事を行ってきましたが、年齢を重ねると・・

  • ずっと接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねると共に立ったままのお仕事は体力的にしんどく、座って仕事ができる事務の仕事へ転職することを視野に入れて行動にうつりました。事務の経験がないとなかなか厳しくて、だから接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格して個人の病院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業をしていた時よりも帰宅時間も遅いわけですが、まずキャリアを形成する時期と観念して頑張ります。