こういう転職ができたという話は従兄の友達の話です。

これは知り合いからの話です。新卒採用として入社を強く望んでいた…

こういう転職というのは知り合いから聞いた話です。新卒の際に死んでも入りたかった憧れのA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、その先仕方なく別の会社に就職しました。3年経たぐらいに派遣の求人のサイトの中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、我慢することができずその時働いていた会社をすぐ辞め、A社での派遣勤務を開始、必死のパッチで頑張ってその後どうにかA社で正社員登用され、現在においてはやりがいを感じつつ元気に働いています。

初挑戦となる業種などに職を移そうとするときには、自分が前の…

全くの未経験の業種などに転職したい場合には、以前の職場で育んできた腕前やこれまで経験したことを発揮できるという訴えが必要になります。その業種に勤務したことがない人はその分だけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも事実、不利になりますけど、自分が保持している能力がその場でも生きるということをうまく相手に言えば、戦うことができる場合もあり得ます。それゆえに、未経験の業界に挑む際には、その分野と自分が今までやってきた職務との関連をできる限り発見しましょう。

転職をするための活動をしている最中は、最初に何より…

転職のための活動中はとにかく、必ず自身の心が静かであることをとても大事にしましょう。在職中に転職をする活動をする場合はあんまり気にしなくても良いとは思いますが、退職をした後にするのだったら、どうしても焦燥感が出るものです。そういった点を理解し、慎重に活動してみましょう。将来、自身でやってみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを明確にしておき、そのイメージを実際の職場と比べてみて、合致しているかをしっかり、冷静に確かめてみましょう。そうすることで、良い転職先が見つかりやすくなります。

ついこの間、転職をやっとしたばかりなのに、あっという・・

このあいだ転職をやっとしたばかりなのに、入ってすぐに退職してしまうケースが意外にも多いものです。何故かと思うと私の考えでは転職先の仕事を手に入れたはずなのに「思っていた職場環境と大きくギャップがあって幻滅した」「納得行かない慣習があってウンザリしている」と考えて去っていくことが多いようです。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を繰り返さないためには、初歩として、前もっての情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。具体的な業務内容、給与システム、など多角的に事前にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

長きにわたって接客関係で働いていたのですが、年のせ…

長く接客業で仕事を続けてきましたが、年のせいか立ち続ける仕事は体力的につらいため、座って仕事ができる事務の仕事への転職を視野に入れて活動しました。事務が未経験となるとなかなか厳しく、だから接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も合格し個人クリニックに転職しました。ベテランのパートさんばかりに囲まれて人間関係も複雑。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰宅する時間も遅いわけですが、まずキャリアの形成時だと諦めて頑張ります。