きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を探していることの証明が必要になります・・

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、職を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。でも、実際は「会社に行かなくてもいいし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」というのが現実でしょう。ですので、真剣に就業先を探しているように見せることができるので教えておきます。月イチの「ハローワーク」での面談は不可避ですが、その場にて、求人票のチェックは必ず行わなければいけません。本気で探す気持ちが出ないときは、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談時、「自分に合った仕事、希望する仕事が残念なことに無かった」と言って、次に期待しましょう。
  • その昔は看護婦と言われていた看護師は職業として歴史的・・

  • その昔は看護婦という名前だった看護師は仕事として歴史的にも女性のたいへん多い職場です。加えて、気力それから体力ともにかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。それ故に、職場での人間関係の問題や、自分の結婚や出産によってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり取りづらい職業といえます。実際に、そういった問題によって転職する人が多い現実があります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に陥っています。つねにどの医療機関も看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望者が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。
  • 新卒で入社した会社を離れ、転職に踏み切りました。

  • 新卒で入社した会社を離れ、転職することについて会社を退職する前は、しばらくの間悩みました。しかし、数年で会社を辞めて、大半の人が転職を経験していることを私自身が会社を辞めたことで痛感し、無意識のうちに悩みは消えていきました。なにより1回転職したことでなんというか、気持ちが楽になり、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが喜びになっていきました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」という転職を好ましく思わない意見もありますが、それが正しいとは限らないと思いました。私は転職を決断して後悔はありません。
  • 派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはない・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経ったら好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職したことで思い知らされました。私は新婚した後、生活が落ちついたらできればすぐに子供が欲しかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、1年半~2年だけ今の会社で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、正社員よりも年収は少なかったのですが、仕方なく家庭の時間が得られるのでガマンしました。でも、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんどの人が派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。なので派遣であったとしても、すぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。
  • 転職候補先の見学は、とても勉強になります。

  • 転職したい会社で会社見学などがあれば、非常に勉強になります。とくに、「職人」がいる会社での見学は、職人技を間近で見られて楽しいものです。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者には絶対、いつもの働き方を見せないのが特徴です。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので入社後でなければ、本当の姿はわからないものです。ですから、見学内容イコール仕事現場、と思わないことが賢明です。さらに、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社はキケンなので正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない人間には、もし何かあっても、保障などありません。仮に、勧められたとしてもていねいに断ることが大事です。