かつては求人誌では、募集要項の中に「性別」について・・

数年前の求人誌では、募集条件の中に「性別」について…

  • 今までは求人誌に雇用側が求める人材の「性別」が明記されていました。ですが、男女雇用機会均等法の施行等により、雇用する際、男女差別があってはいけないルールが決まり、応募条件内に「性別」が記載されなくなりました。でも、募集情報を出す会社は、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。実際、男手を希望のジャンルに女性が応募したり、逆に女手が欲しいのに、男性が来てしまい、というような問題に遭遇する可能性があります。例えば、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、これは女性を望んでいると捉えておく良いといえます。

  • 転職活動をする際に気を付けて欲しい求人の募集内容・・

  • 就職するため職探しをする際に特に注意したほうがよい求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めのものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがとても多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間や45時間といった形で求人の内容に時間が併記してあります。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので最初から給料形態に残業代を組み込むというものです。(注意・合法です)仮に求人に『みなし残業代30時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という求人になります。ただし、悪質な求人情報では『みなし』という言葉がこともあるので充分に注意を払っておきましょう。

  • シフトのある仕事についての話なのですが、特定の曜日に働ける人を募集している求人を…

  • これはシフトの仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法やシフトの提出方法については前もって確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は過去に、出産のため抜けた人の代理として正社員として勤めることになったのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトで他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の方が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。実際土日に外せない用事が入ることもあり、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思うと本当に異常な職場だったんだと思います。

  • 来週からでも転職を予定しているのなら、今現在の仕事や・・

  • いよいよ転職活動をするに当たっては、今いる職場や仕事の何が気に入らないのかを明確化する事が必要です。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。不満な点があるからこそ、転職しようと思われているはずです。しかし「よく考えて現在の会社の客観的に考えた不満なことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。なぜなら、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職の失敗は未然に防ぐことができると思います。

  • 再就職を考えている際に目を光らせることになる募集内容について・・

  • 転職を考えている際に閲覧することになる仕事の情報というのは、基準的なものとして書かれている、という確率もあり得ます。そのため、記載されている内容は正確なことだとは思い込まない方がよろしいでしょう。そのなかでも給与の金額などに関しては、平均なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高値なのか?というジャッジができない時が多く、自らの勝手な判断で読み取ってしまうと、今後、後悔することになることもあり得ます。ですから、そうならないためにも、求人に載っている情報はだいたいのものだと考えて、そういった大事な事は直に確認した方が妥当でしょう。